ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

40歳ワースト年収が255万円に衝撃!どうやって生活をしているの?



私は昨年、給料が下がり、生活がかなり厳しかったんですが、今年はフリーランスになり収入を倍以上にする事に成功しました。


同じ仕事をしているのに、働き方を変える事でここまで収入を増やすことができます。同様に、同じ業種でも会社が違えば給料が天と地ということがあります。


例えば、わたしはIT関連の派遣会社で働きつづけてきましたが、給料は30万円→45万円まで上げる事に成功しました。ただし、これは東京での話で、地方はここまであげるのはちょっと難しいと思います。


さて、昨年は月収24万円(残業別)でも、生活が厳しいと感じていました。しかし、、、世の中にはもっとブラックな企業がたくさんあるようです。


先日、ちらっとニュース記事を見て衝撃が走ったのですが、なんと、40歳ワースト年収が255万円!どうやって生活をしているの?と疑問がわきました。こちらです。

40歳年収「全国ワースト」ランキング


11月25日に配信した「40歳年収『全国トップ500社』ランキング」には多方面から反響が寄せられた。社会人としても人生でもちょうど中間点に位置する年齢で、超高給をもらっているビジネスパーソンをうらやんだ読者も多いだろう。



この記事は上場企業約3600社を対象に推計した各社40歳社員の年収の全国ワースト500社ランキングを紹介したものです。

4 トスネット 264
6 ショクブン 271
7 日本管財 276
7 光ハイツ・ヴェラス 276
9 日本パレットプール 280
10 プレステージ・インターナショナル 282



255万って激安すぎませんか??


月収ベースで約21万円です。どうやって生活するのという感じです。これだと手取りが10万円台です。家族を養うなんて絶対に無理です。これが40代の給料ですからね。


40歳推計年収、400万円未満は165社だそうです。
集計対象企業3179社を単純平均すると40歳推計年収は591万円、ざっとその半分となる300万円未満は20社、400万円未満は165社だった。上位は相対的に物価の安い地方の企業が目立つものの、東京都や大阪府などの大都市に本社を置く企業もちらほら。利益率の高くない事業を手掛けていたり、業績が苦しかったりと生涯給料が高くない会社の事情はそれぞれだ。



いや~、給料が少ないとなげている人も少なくはないと思いますが、ここまで低いとやりがいもないでしょうね。先日、富士そばの経営理念がホワイトすぎると話題になっていましたが、やはり、モチベーションをあげるには給料は重要ですよ。


賃金が上がるから消費も活発になる訳で。とにかく、賃金を上げていくのは大事です。経済は消費が増えるから、お金が流通しますからね。貯金も重要ですが、経済の事を考えたら、やはり、消費をしても安心の国をつくることが大切です。


200万円台の40代がいる事自体衝撃でしたが、、、こんなブラックな企業にいる事自体、どういった理由なんでしょうね。もしかしたら、その先に、役員とか目指すものがあるから残っているとか?


できたらその理由を聞いてみたいですが、将来に不安な場合は、やはり、さっさと転職した方がいいかもしないですね。

 

 

 

私もかつてはフリーランスエンジニアでした。個人的に東京で月収100万円のフリーランスエンジニアを知っていた経験があるから選べた選択肢でした。ということで給料が安くてやばい方はフリーランスエンジニアへの転身はおすすめです。特に若い時はガンガン稼げます。 


お勧めのフリーランス案件を紹介してくれる会社


ちなみに、私がかつてお世話になったのが、ギークスジョブです。こちらの会社はフリーランス専門でお仕事を紹介してくれる会社さんです。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


ギークスジョブはフリーランスフリーエンジニアの登録数が7,500名を超える、案件検索サイトです。運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、「豊富な案件数」と「懇切丁寧な対応」を強みとしています。


こちらの会社はフリーランスの案件を紹介しているサイトで、フリーランスに必要な情報がサイトないに丁寧に書かれています。


サイトを訪問するだけで、フリーランスとは何なのか、どういった事をしなければならないのかを学べるので、これからフリーランスになって年収をアップさせたい人にオススメです。


実際に、サイトを通じて年収があがった人の参考です。
以下は私と同じインフラエンジニアの方ですね。なんと年収が900万円!これがエンジニアで頑張る醍醐味ですね。

 

インフラエンジニア 年収550万円⇒年収900万円
インフラエンジニア Tさん(42歳・男性)略歴 
4年制大学を卒業後、メーカー系Sier企業に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては15年目。在籍中はシステム運用・保守から始まり、徐々にサーバーやネットワーク案件を任され、現在でもインフラエンジニアとして活躍中。
経験スキル LinuxCiscoAWS など


単純に考えて、フリーランスになれば、給料が間違いなくあがると思います。特に契約単価の高い派遣会社に勤める社員さんは確実に上がります。


私は地方でフリーランスの仕事がないと思っていたので、最初に派遣会社に勤めましたが、最初からフリーランスになっていれば、、、と今では思います。ちなみに、派遣時代の年収は、400万円以下です。


現在は、月額24万円→55万円に大幅アップしました。


働く場所によりますが、フリーランスになれば、残業時間などにもよりますが、700~800万円は稼げます。その代わり、自分で確定申告とか年金を支払う必要があるので、これくらいもらわないとね、、、という感じです。


派遣会社に勤めて、給料が安くて困っている方は、フリーランスになることで、大幅な収益アップを狙えます。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】