ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

天下一品 カップ麺 京都濃厚鶏白湯 美味しいけどお店とは違う別物 こってり再現は難しい

ちょっとアップが遅れましたが、天下一品のカップラーメンを食べました。天下一品は大好きで、全国いろんな場所で食べてきました。

 

繰り返し食べたチェーン店のトップ10には入ると思います。

 

最近の物価高もあり、店舗で食べるとなかなか高いのでカップラーメンで代用出来たらいいなと思って購入することにしました。

 

購入時に参考にしたレビューです。

 

「店舗で食べるものとは違いますが、スープはおいしいです。
カップ麺にしては頑張っていると思います。」

 

「美味しいです。ラーメンとしては。
でも天一ではないです。
リピートはありません⁝( `ᾥ' )⁝」

 

「関西のお店の天一を食べ慣れていた為、天一としての物足りなさは感じたものの、カップラーメンの中では1番好きかも。
それほど癖が無く、スルッと食べられる美味しさでした。
また買いたいと思います。」

 

全体的に味は美味しいけど、お店の味とは違うという感じでしょうか。

 

 

こちらが購入したカップ麺です。

 

商品紹介
コロナ禍において好調に伸長する「名店の味」ブランドから、超人気ラーメン店の「天下一品」監修のカップ麺が新登場します。
濃度の高いこってり鶏白湯スープが特徴のラーメンです。2021年11月に創業50周年を迎えるため、話題化が予想されます。

原材料・成分
めん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、食塩、大豆食物繊維、粉末卵)、スープ(チキンエキス、調製ラード、しょうゆ、糖類、ポークエキス、食塩、たん白加水分解物、ゼラチン、にんにくペースト、鶏脂、粉末ポテト、油脂加工品、米粉、加工脱脂大豆粉、香辛料、酵母エキス、植物油脂)、かやく(味付豚肉、メンマ、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類、アルギン酸ナトリウム)、酒精、かんすい、カラメル色素、乳化剤、クチナシ色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

 

こちらがかやく、液体スープなどなどです。

 

麺です。

 

かやくを入れてお湯をいれます。

 

完成です。

 

酔って作ったのですが、味は確かに美味しいですが、お店のどろどろこってりまではいかないですね。

 

かなり濃厚ではありますが、天下一品を食べたい人はあのこってりが食べたいのですよね、、、なので代用にはならないですね。とはいえ、味はいいので、食べてみて気にったらリピートという感じでしょうか。人によっては高い一蘭よりいいという意見もあり、好みですね。