ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

宿題嫌いな子供が頑張るようになると評判 コクヨ しゅくだいやる気ペン NST-YRK1 アイデアが面白い

最近、テレワークをするようになってから、子供の日々の行動パターンがわかるようになりました。

 

外で仕事をしていると知らないことが多いですが、子供が学校から帰ってから宿題を放置して怒られるというパターンが多いです。

 

やっぱりスマホがあるとゲームや動画ばかり見てしまうようです・・・。結果、後回しにして怒られているパターンです。

 

ということで、宿題のやる気を出すのはなかなか難しいですが、宿題嫌いな子供が頑張るようになると評判 コクヨ しゅくだいやる気ペン NST-YRK1 アイデアが面白いです。

 

コクヨ しゅくだいやる気ペン【iOSAndroid両対応】NST-YRK1 いつもの鉛筆に取り付けてやる気アップ

商品の説明
●●かきたくなる。ほめたくなる。コクヨのしゅくだいやる気ペン●●
いつものえんぴつに付けるだけ。
勉強への取り組みを分析して見える化します。

【商品特長】
●「しゅくだいやる気ペン」は、スマートフォンのアプリと連動して、子どもの日々の努力を「見える化」することで、勉強への意欲を高めていくために開発された商品です。
●センサー付きアタッチメントを鉛筆に取り付け、ペンを動かした時間に応じて溜まった「やる気パワー」をスマホアプリに取り込んで可視化します。
●楽しい親子のコミュニケーションのきっかけをつくることで、家庭学習の習慣化をサポートします。

※鉛筆は同梱されておりません。

子供がもっとかきたくなる。楽しい仕掛けがいっぱい。

【お子様には】
① やる気ペンを使って机に向かうほど色が変化。キミのやる気でLEDの色が変化する。
② 勉強してたまったやる気パワーをアプリに注ぐと、「やる気の木」が成長。
③ アイテムゲットで「やる気の庭」が完成。

【保護者様には】
もっとほめたくなる。保護者をサポートする機能。
① 専用アプリのカレンダーに子供の頑張りを花マルをつけて記録できる。
②しっかり机に向かっているかをペンが判定、学習時間や集中の度合いが「やる気グラフ」でわかる。
※ここでいう「集中」とは、ペンを手に持って勉強に向かい合っている状態をいいます。

※使用する鉛筆は、国内で一般に販売されている六角形の鉛筆で、面対面の太さが7~8mmのものを目安としてお選びください。


 

続いて、実際に購入した方のレビューです。

 

「やる気ペンを購入してから、こどもが勉強に取り組む姿が変わりました。
達成するとご褒美を渡す仕組みになっているので、こどもとよく話あってからご褒美を決めないと、大変なことになります。」

 

「小3の長女に買って3週間ほど経ちました。とても良いです。お値段そこそこしますが教育への投資とみれば&これだけ効果があるのなら、即買い推奨です。

長女はもともとマイペースで、チャレンジの赤ペンも締切回ってから週末になんとか提出するタイプでしたが、やる気ペンが届いてからは1週間以上前倒しで提出できましたし、本人の自信にも繋がっているようです。

続けてくれている理由は、
・ライトの色が変わる様子が楽しく、ついつい勉強を続けたくなる
・アプリがしっかり作り込まれていて、アイテムや親のレポート画面なども、継続したくなる仕組みが入っている
・ご褒美設定も飽きがこない理由になっている
あたりがだと思います。

また、父親の私が学習にかかわる機会が増えたのもとても良かったなと思います。
いままでチャレンジの答え合わせなど妻に任せきりでしたが、アプリが私のスマホに入っているので、流れ上私が学習を促したり、解答をしたり、教えたり、褒めたり、勉強のことを沢山話すようになりました。

不満はとくに無いです。
充電がType-Cだとベスト、ぐらいでしょうか。プロダクトがいいのでこのままで全然ヨシですね。

オススメです!」

 

宿題をいやいやではなく、チャレンジとして楽しみながらできるのはいいですね。

 

iOS 11以上 Android 7.0以上に対応
iPadiPhone、Andriod各機種のタブレットスマホに対応 ※動作確認端末については、コクヨホームページにてご確認ください
【サイズ】 W15×D23×H107mm 【重量】 約19g
【充電方式】USB充電(マイクロUSB) 【充電時間】約2時間 【連続稼働時間】約5日間 ※1日40分の宿題を想定
国内で一般に販売されている六角形の鉛筆で、面対面の太さが7~8mmのものを目安としてお選びください。
原産国:中国