ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

30代シングルファーザー 手取り17.5万円 生活に余裕なし

f:id:merrywhite:20210124060855j:plain

 

日本はどんどん物価があがって生活が厳しくなっていますが、さらに給料が安いと将来が不安になるのではないでしょうか。

 

私もかつて、かなりブラックな企業につとめいて、手取りが10万円台だったときはやばかったですね・・・。

 

そして、30代シングルファーザー 手取り17.5万円 生活に余裕なしという内容がネットニュースで紹介されていました。

 

こちら

手取り17.5万円、30代シングルファーザーの嘆き「低すぎる」 - ライブドアニュース

 

これはきついですね・・・。

 

「低すぎる。生活費を支払ったら終わりです。子どもの学校費用等を支払うのが精一杯です。将来の見通しはやはり生活保護になってしまうのか?と悩んでます」(離婚・死別/子ども1人/不動産・建設系/正社員)

 

 

転職って早い段階で決めたほうが楽だったりします。ある程度、年齢を重ねると転職が難しくなってきますから。

 

「いくら低いと思っても、収入減が恐ろしくて転職は考えられません」
男性は低い給料に不満はあるものの、すぐに転職できるわけでもないようだ。事情をこう書いている。

「子どもがいるため副業も厳しいので、稼げるところが本業のみです。転職を探すも(家庭と)両立出来る職場環境はなかなか無く、仕方ないと諦めています」

ほかにも、「シングルマザーで中学生と小学生の子ども2人。保育士として正職員で働いています」という秋田県の30代女性から、こんな嘆きが寄せられている。女性の年収はおよそ350万円だが、これは各種手当を含んだ額だという。

「扶養手当と、住居手当込みで手取り18万です。時間外手当はつきません。親子3人でのアパート暮らしで貯蓄できるような余裕はなく、毎月ぎりぎりの生活です。正職員で手当がついてやっとこの手取りですが、生活維持のためにもいくら低いと思っても収入減が恐ろしくて転職は考えられません」

と現状維持がやっとの状況のようだ。さらに

「仕事で疲れて家事は最低限で、子ども達と十分に関わるとこともできず、この先年齢を重ねるごとに体力が落ちてもこの生活を続けなければならないのかと不安がつのります」

と心許ない胸中を吐露していた。

 

私も転職を繰り返して10万円台の手取りから40万円近くまで上げることができました。やはり業種もそうですが、会社選びも重要です。

 

 

転職活動を検討しているならマイナビエージェントがおすすめです。リクナビindeedなどの転職サイト経由だと再就職手当がもらえません。こういったエージェントサービスを経由するともらえますので、転職まで少し時間がかかりそうという方はご注意ください。

 

マイナビエージェントへのアクセスはこちらから↓