ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

仕事などでアルコール口臭のチェックに便利 タニタ アルコールチェッカー EA-100 WH 有効期限に注意

仕事によってはアルコールの飲みすぎで翌日仕事ができない安全を優先した仕事が存在します。

 

私はお酒が好きなのでよく飲みますが、以前、翌日飲みすぎて吐いて大変だったことがあります。吐くまで飲むのは本当にダメだなと思いますが、仕事的に無理してでても後悔するので、なるべく休むようにしています。体調不良と一緒です。 

 

しかし、仕事柄人の命を預かるものはちょっとした危険要因も排除しなければなりませんし、規則も厳しいです。

 

例えばこちら

JAL機長、アルコール検知で乗務交代 4月29日の便:朝日新聞デジタル

 

日本航空は7日、4月29日午後2時上海発成田行きの便に乗務予定だった50代の男性機長から乗務前の飲酒検査でアルコールが検知されたため、パイロットを交代させたことを明らかにした。フライトに遅れはなかった。同社によると、機長は4月28日夜から翌29日午前0時過ぎまで、宿泊先のホテルで副操縦士と2人でスパークリングワインと瓶ビールを飲んだという。

 国内の航空会社では4月以降、飲酒検査で少しでもアルコールが検出された場合のパイロットの乗務が禁止されている。乗務前12時間以内の飲酒を禁じる日航の社内規定には違反していなかったという。

 

仕事によってはアルコールチェックが必要なものもあります。その他、個人的にアルコールのチェックが必要な方に、タニタ アルコールチェッカー EA-100 WH 有効期限に注意が便利です。

 

タニタ アルコールチェッカー ホワイト EA-100 WH

f:id:merrywhite:20210224061556j:plain

 

まずは商品説明です。

 

簡単測定
息を吹きかけるだけで呼気中のアルコール濃度を測定

 

酔い度を数値化
測定範囲:0.00~0.50mg/L

※表示単位:0.05mg/L (0.05mg/L未満は0.00mg/L 表示)

※センサー寿命:購入後1年経過または1,000回測定した場合のどちらか早い方となります

※センサー使用回数が1,000回以上になると「SENSOR」「OVER」マークが点灯表示されます

 

使用シーン
飲酒時や飲酒後、その翌日に測定することで、体調や人によって異なるお酒の酔い具合を把握できます

 

携帯しやすいシンプル・コンパクトなデザイン
ポケットに収まるコンパクトサイズで携帯しやすい

 

分解時間:約2時間
アルコールが体内から抜ける時間

 

JBAC (アルコール検知器協議会) 認定機器
JBACは アルコール検知器の技術や品質の向上、ならびにアルコール検知器の普及啓発 によって業界の地位の向上を図っています

 

ギフト
シンプルなデザインで贈り物にもピッタリ

 

続いて実際に利用した方のレビューです。

 

「前は黒を買ったのですが200回くらい使って無くしたので再度購入
他の安価製品と違って安価ながら規格として認可されてるだけあってかなり正確です。

ただ多分吐息検知の宿命なのですがこもった部屋でタバコ吸った後とかだと0.05ほど反応します。
ただ通気性のいいところで口に水含んでからやり直すと0.00だったりします。
個人的には数値より、今、体の中にアルコールがあるかないかを見てるのでかなり助かってます。」

 

「とても気に入っています。
見た目も操作方法もシンプルでちゃんと反応して役立ってます。
使ってみてわかったことは22時に飲み終えても、朝反応したということです。
これがあると、毎朝ヒヤヒヤするので、自分でも飲酒時間や飲酒運転の危険を考えさせられました。」

 

人と会う前など色んなシーンで使えそうですね。ただ有効期限があるので注意してください。

 

 

サイズ:約幅32×奥行17×高さ105mm
電源:単4形アルカリ電池×2本
保証期間:1年間
セット内容・付属品:本体、お試し用電池(単4形アルカリ電池×2本)
呼気中アルコール濃度測定範囲:0.00~0.50mg/L 0.05mg/L単位(0.05mg/L未満は0.00mg/L表示)
センサー使用回数表示:0~999回、1,000回以上/SENSOR・OVER
センサー寿命:購入後1年経過または1,000回測定した場合のどちらか早い方