ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

タイガー オーブントースター KAT-A130 揚げ物もカラッと美味しく温まる

昔から家族で家電量販店で家電を見て回るのが好きなんですが、最近、理由があって毎年、家電を買い替えています。家族ができてから、家電をグレードアップさせています。

 

その分、金額は高くなりますが、家電がよくなるのはうれしいですね。昨年は冷蔵庫を購入して、今年は4Kのテレビを購入しました。ソニーブラビアを購入したのですが、画質もあることながら、スマホXperiaと連携できるのがうれしいです。後、youtubeも見れるので、子供の満足度も一気に上がっています。

 

忙しい朝は次女が不機嫌でもテレビで黙らせることができます。本当に最近の家電は多機能ですごいです。

 

テレビが半分ネットの感じです。そして、トースターも最近はオーブン機能がついて、総菜なども温めることができるようです。

 

特に、タイガー オーブントースター KAT-A130 揚げ物もカラッと美味しく温まると評判です。

 

その商品がこちら。

タイガー オーブントースター 温度調節機能 30分タイマー フライあたため トースト3枚 1300W マッドホワイト KAT-A130

f:id:merrywhite:20201108213623j:plain

 

 商品の説明です。

 

忙しい朝も、トーストが1度に3枚焼きムラ少なく、はやく焼ける!幅約32.5cmのワイド&ビッグ庫内で忙しい朝も3枚のトーストが一度に焼き上がります。また、熱を閉じ込める「断熱Wガラス」構造と熱風コンベクションで庫内を効率よく加熱し、トースト3枚が従来品より約30秒(※)早く焼けるようになりました。また、ガラス扉を2重にすることでトーストの水分蒸発を押さえ、表面はサクッと、中はアツアツでふわっとした食感のトーストに焼き上がります。


庫内の奥行があることで、大きなピザがらくらく一枚まるごと焼ける、広々としたサイズです。料理が取り出しやすい「取りやすいん棚(だな)」採用。焼アミがまっすぐにスライドして、中の料理やトーストが取り出しやすい構造です。常温・冷凍がえらべる「フライあたため」メニュー搭載。常温/冷凍を選ぶことができ、冷凍モードではマイコンによる細かなヒーター制御で表面を焦がさず中心まで温めます。中までアツアツ、外はサクサクとした焼き上がりになります。

 

タイガーが長年築き上げてきた、まほうびんの断熱技術からヒントを得て、オーブントースターに応用したオーブントースターです。

 

続いて参考になるレビューの抜粋です。

 

焼き加減の調整が極めて簡単。
冷凍パンもパン温めスイッチを押すだけで丁度いい焼き上がりになる。
冷凍食パンは「トースト+冷凍スイッチ」で丁度いい焼き上がりになる。
クロワッサンはこれまでの安物のトースターだとパンの上にアルミホイルをかけなければ焦げ易かったが、このトースターはパン温めスイッチのみでアルミホイルがなくても丁度いい具合に焼きあがる。おすすめの商品ですよ。

 

上記レビューにもありますが、とにかく高評価が多いです。そもそもトースターでオーブンが使えるなんて、まさにトースターの進化系です。ここまで使えて1万円台なら購入してもいいかなと思える家電です。

タイガー オーブントースター 温度調節機能 30分タイマー フライあたため トースト3枚 1300W マッドホワイト KAT-A130

 

商品サイズ本体:37.7×38.5×24.5cm 商品重量:5.4kg
庫内サイズ:32.5×26.0×10.0cm 付属品:シリコン加工調理トレイ、クックブック
消費電力:1312W(ヒーター:1300W、ファン:12W) 電源:100V 50/60Hz 電源コードの長さ:1.2m
「熱風コンベクション」で庫内を効率よく加熱し、トースト3枚を早く、焼きムラなく一度に焼き上げます。
「断熱Wガラス」でトーストの水分蒸発率を抑え、表面はサクッと、中はアツアツでふわっとした食感のトーストに。
「取りやすいん棚(だな)」:焼アミがまっすぐにスライドして、中の料理やトーストが取り出しやすい構造です。
温度設定は約80度~250度、タイマーは30分まで設定可能
常温/冷凍のフライあたため、トースト枚数など7つのオートメニューを搭載