ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

フリーランスエンジニアになって一年間の貯金額がゼロから200万円越えへ

体調管理はとても重要ですよね。食事だったり、あんまりストレスをためないようにしたりと考えることは多いです。私も花粉なのか、風邪なのかわかりませんが、鼻水がとまりません。ということで、体調管理には注意が必要ですね。


後、自宅で飲んでいる方も、飲みすぎにも注意ですね。同僚は自宅飲みはついつい飲みすぎてす。ということで、本業で少しでも稼ごうと頑張っています。


日本という経済大国で生活をしていて思う事ですが、平均年収くらいの収入だと、生活に余裕がない人が多いのではないでしょうか。以前、サラリーマン時代に、東京で働いていた時は、そこそこ給料をもらっていたので、少し生活に余裕がありました。


当時の月収は基本給で40万円~45万円。残業が多い時に稼いだ最高月収は80万円で、年収だと700万円くらい。これくらいの年収があると、少し生活に余裕がでてきます。


しかし、これが年収400万円前後になると話が変わります。例えば、地方に移住してから最初に勤めた派遣会社は、残業がなければ年収が360万円です。ボーナス込みなので、月収は24万円。色々と引かれると、総支給は16万円くらいでした。


そこから、、、最低でも、これくらいの支出があります。

 

家賃:7万円
光熱費:2万円
スマホの通信料:2万円
インターネット:5千円
子供の幼稚園:3.5万円
ランチ代:1.5万円
食費:4万円
その他消耗品:2万円
計:22万5千円(6万5千円の赤字)


当時、ブロガーとして頑張っていたので、(今も頑張っていますが・・・)月収が10万円くらいあったので、なんとか生活ができていたような感じです。


こんな状態なので、一年間くらい、貯金が全くできませんでした。すごく悲しい、疲弊した一年間でした。そしてそんな生活に疲弊した為、フリーランスエンジニアになりました。


結果、ようやく貯金ができるようになりました。例えば、今、仕事を紹介してもらっているエージェントが「ギークスジョブ」なのですが、4月からここ経由でお仕事をしていて、5月から振り込み先をSBIネット銀行に変更しています。理由として、ここの貯金額が増えると、ATM手数料が無料の回数が増えたりメリットがあるからです。


そして、振り込みは5月からになりますが、そこに報酬が入ってから、すでに貯金額が200万円を超えています。環境が変わるとびっくりしますが、貯金がゼロから200万円の貯蓄ができるようになります。ちなみに、今年は250万円は超えると思います。


つまり、やり方次第ではありますが、250万円~300万円は貯金ができる計算になりますね。これを10年続けることができれば、なんと2500万円~3000万円の貯金ができてしまいます。

 

 

貯金ができない理由は、浪費か、収入が少ない為か

そして、考えたいのが貯金ができないのは何が原因かということです。最近であった同僚の一人は40代半ばにして、貯金がゼロとのこと。私も以前は、そういったリスキーなライフスタイルをしていましたが、家族ができてから、お金の重要性、そして、お金を稼ぐ大変さを痛感するようになりました。


お金を稼ぐことは、人生を豊かにするし、心も楽になります。よく離婚する夫婦の原因がお金と言われますが、お金がすべてではないと言いながらも、お金がないと、生活が苦しくなり、精神的にも参ってしまいます。


さらに、これからの日本は少子高齢化の影響で、税金はさらに増えていくことが予想されます。例えば、年金も今や、支払わなければ差し押さえするようになりました。それだけ日本の財政は困窮しているのです、というよりは、高齢者が増えて、現役世代が減っているので、若者の負担は間違いなく増大します。


だからこそ、稼げるうちに稼いでしっかりと貯金、貯蓄し、余裕があれば財テクなどを駆使する必要がでてきます。早ければ20代から、遅くとも30代のうちには将来の為に、貯蓄をスタートさせるべきだと思います。


まず、よくあるのが節約ですが、節約も重要ですが、人生楽しくなくなりますし、何より意外と効果がでないことがあります。その為、稼げる仕事を探したほうが圧倒的に早い場合もあります。


特に、スキルがあるのに、頑張っているのに待遇が悪い場合は、転職するのもありでしょう。人はリスクを感じないと行動しない生き物です。その為、私のように、生活がやばい!と危機感を感じないと、行動できない方は多いのではないでしょうか。私が副業をスタートしたのも、生活の為だし、フリーランスエンジニアになったのも、生活の為です。


おかげで貯金ゼロ生活から、年間で数百万円の貯金ができるようになりました。エンジニアの仕事をしていて、待遇が悪くて悩んでいる方は、フリーランスエンジニアになってみてはいかがでしょうか。地方でもそこそこ稼げますが、東京の場合は、月収100万円、年収1000万円も夢ではないので、やりがいもでてきますよ。

 

フリーランスの仕事を紹介してくれるお勧めの会社

 

話を戻して、ギークスさんはフリーランス専門でお仕事を紹介してくれる会社さんです。

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】 


ギークスジョブはフリーランスフリーエンジニアの登録数が7,500名を超える、案件検索サイトです。運営会社であるギークスは12年以上の実績を持ち、「豊富な案件数」と「懇切丁寧な対応」を強みとしています。


こちらの会社はフリーランスの案件を紹介しているサイトで、フリーランスに必要な情報がサイトないに丁寧に書かれています。


サイトを訪問するだけで、フリーランスとは何なのか、どういった事をしなければならないのかを学べるので、これからフリーランスになって年収をアップさせたい人にオススメです。


実際に、サイトを通じて年収があがった人の参考です。

 

WEBプログラマー 年収350万円⇒年収600万円
WEBプログラマー Mさん(28歳・男性)
略歴 IT系の専門学校を卒業後、小さなソフトハウス会社に就職。5年前に独立し、エンジニアとしては9年目。元々は汎用系のCOBOLエンジニアでしたが、スキルチェンジをし、今ではWEBプログラマーとして活躍中。

 

単純に考えて、フリーランスになれば、給料が間違いなくあがると思います。特に契約単価の高い派遣会社に勤める社員さんは確実に上がります。


年収は400万円→650万円は地方でもあがると思います。東京だと、年収は700万~800万円くらいにはなりますかね。

 

>>フリーランスITエンジニアの案件・求人情報サイト【ギークスジョブ】