ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ダブルベッドは大人の夫婦で寝ると狭くて当たってストレス?さらに大きいクイーンサイズ

f:id:merrywhite:20220128075742j:plain


ホテルに泊まる際に、ベッドがシングルかダブルで選べるようになっていますが、以前、シングルの部屋がなくて、一人でダブルの部屋に泊まったことがあります。


一人で広くて快適だったんですが、ベッドで二人で寝るならダブルベッドだと思っていました。ダブルベッドは大人の夫婦で寝ると狭くて、寝返りを打つ時に当たってストレスになることがあるそうで、実はさらに大きいクイーンサイズとかキングサイズがあるそうです。知りませんでした。

 

ちなみに我が家は私だけ別の部屋で寝ています(笑)。仲がいいご夫婦は一緒の布団で寝ているのではないでしょうか。


世の中、シングルとダブルのみかと思っていました。

f:id:merrywhite:20220128075903j:plain



ベッドのサイズは、基本的に「マットレスのサイズ+α(ヘッドボードの厚みなど)」になります。
つまりマットレスのサイズが分かれば、大まかなベッドのサイズを知ることができます。また、マットレスのサイズはソファやテーブルと違って、横幅のサイズの規格がほぼ決まっています。(メーカーによって多少前後することがあります。)

この表のように分類されますが、「シングルが約100cm、ひとつ上のサイズになるにつれて幅が20cm程度大きいくらい」という程度に把握しておけば大丈夫です。そして人が快適に睡眠をとるために必要な寸法もある程度決まっており、肩幅+30cm程度あれば寝返りをしても安眠できると考えられています。

上記を考慮した男性の場合は90cm、女性の場合は80cm程度が平均的な必要寸法になります。「ダブルサイズ」の横幅は何センチ?では、先ほどの表でダブルサイズを見てみましょう。幅は140cmです。つまり、シングル(約100cm)に加えて40cmしか広くなっていないのです。平均的な体格の夫婦が一緒に使うためには、90cm+80cm=170cmの幅が必要になります。

それよりも30cm小さいダブルベッド(幅140cm)では、「寝返りをうつと相手にぶつかる」「毛布が引っ張られて気になる」ということが想定されます。
ということは、ダブルベッドでは、夫婦2人で寝るのには狭いことになります。

 

 

ということは、夫婦2人用のベッドはクイーンorキングから選ぶのが正解なのかということもありますが、実際にカップルとの時に、ホテルに宿泊してダブルのベッドで大丈夫かチェックしてみるのもいいかもしれないですね。
 
まぁ、カップルの時は、いちゃいちゃしたくて、むしろ離れないかもしれませんが、最近は高身長の女性も増えていますし、ダブルだと後から後悔することもあるかもしれないので慎重に選んだほうがいいかもですね。


一度買ってしまうとサイズ変更が難しいので、あらかじめクイーン、キングサイズを選ぶのも一つかもしれないですね。