ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

マーナ hacobel吸水傘ケース2wayがかばんに取り付けられて便利でおすすめ

仕事で毎日、満員電車で通勤していて感じることですが、雨の日の電車の中ってすごく気を使いますよね。


私はかなり前から、濡れた傘が人にあたるので、折り畳み傘を利用するようにしています。電車に乗るまでに水を払い、袋に入れて、カバンにしまうので、第三者を濡らす事はありません。


ちなみに、折りたたみ傘は本当に便利ですよ。


私はここ数年、仕事ではずっと折りたたみ傘を使っていますが、雨って突然降りだすことがあるんですよね。そういった時に、折りたたみ傘があれば、急に降り出した雨にも対応できるのが本当に便利です。


最近では、プライベートでも鞄の中に折りたたみ傘を忍ばせるようにしています。急に雨降っ
て傘を買うのがもったいないですしね。無駄に傘が増えることになりかねないので。


話を戻しますが、雨の日に満員電車を利用する場合、相手に濡れないように意識する必要があると思っています。 



しかし、そういった意識を全く持っていない人っていますよね。先日も、雨の日の電車の中で「足が冷たい!」と思ったら、隣の人の濡れた傘がしっかりと足についていました。


その人は、全然悪気もない感じで、気にせず乗車していました。個人的に満員電車に乗る可能性がある方は、折りたたみ傘が必須ではないかと思うのです。だって、絶対に誰かを不快にしてしまいますよ。


そして、以前も紹介しましたが、そんな人よりも強者の女性に出会いました。その女性は、なんと濡れたレインコートを着たまま満員電車に入ってきたのです。当然のことながら、周りの人は濡れてしまいます。


なんという神経をしているだと思いましたが、その女性は全く気にしない感じでスマホを操作していました。傘は100歩ゆずって仕方ないのかと思いますが、レインコートは次元が違いますよね?


と、個人的には折りたたみ傘を推しているんですが、折りたたみ傘って濡れた後に、どこにしまうんだという話があります。そこで、折りたたみ傘を使っている方に便利なアイテムがあるので紹介します。


それが、マーナ hacobel吸水傘ケース2wayがかばんに取り付けられて便利でおすすめです。

f:id:merrywhite:20200914075157j:plain

【商品の説明】
色:ブラック
●カバンに外付けできる吸水傘ケース。
●トートバッグやショルダーバッグのもち手に。
●全面マイクロファイバーでしっかり吸水

 

f:id:merrywhite:20200914075212j:plain

濡らさず運べる折りたたみ傘ケースで、鞄に外付けできて忘れる心配もありません。


ビジネスバッグだけではなく、トートバッグ、ショルダーバッグにも取り付けられます。ただ、目立つのでどちらかというとビジネスバッグのほうがいいかもしれないですね。もちろん、鞄の中に入れて使ってもいいので2wayですね。


そして、以下は参考になるレビューの抜粋です。

雨の日にキャリーバッグ(ハード)を開けて傘を取り出すのが面倒でしたが、これなら急な雨にも対応できそうです。
対応する折りたたみ傘は全長27cmまでなので、28.5cmだと添付画像の通り、ギリギリでファスナーが閉じませんでしたが、特に支障は無さそうです。

折りたたみ傘を普段から使っている人にお勧めのアイテムですね。