ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

折り畳み傘使う人必須 超吸水 傘ケース マイクロファイバー 軽量 32cm以内傘入れ可能

東京で仕事をしているときに、当然、電車を利用していたのですが、雨の日に気になったのが傘です。まれに折りたたみ傘ではなく、普通の傘を使っている人に出会うと最悪なのが、濡れた傘を足につけられて濡れることがあったことです。

 

こういった経験もあったので、自分自身は折りたたみ傘を使うようになりました。折りたたみ傘のメリットは急に雨が降った場合にも使えることですよね。 

 

折りたたみ傘を使用後、乾かすのに時間がかかるので2本は持って、使用後は差し替えて使っていました。

 

折りたたみ傘は便利なのですが、袋がないと鞄などに閉まった時にびしょびしょになることがあるので、個人的にはスーパーやコンビニのビニール袋に入れていました。よくよく考えたらださいなと思ったのですが、折り畳み傘使う人必須かなと思えたのが、超吸水 傘ケース マイクロファイバー 軽量 32cm以内傘入れ可能です。

 

折り畳み傘カバー 超吸水 傘ケース 2面吸水 梅雨対策 折り畳み傘袋 マイクロファイバー 軽量 携帯便利 32cm以内傘入れ可能 ブラック

f:id:merrywhite:20210405050815j:plain

 

選択の理由:

①一番材質

②両面吸水

③三重防水設計

④四種類のサイズで、最適な選択を提供いただきます

 

f:id:merrywhite:20210405050910j:plain

 

こちらの商品は吸水性が高いのが特徴で、やはり重要視すべきは吸水性になります。これがあれば、雨の日に折りたたみ傘をしまう際に鞄の中や、その他が濡れてしまうのを防ぐことができますね。また、防水性も高く、防水ジッパー付きなので安心して利用できます。

 

f:id:merrywhite:20210405051016j:plain

 

また、使用した後も乾かしやすく、晴れた日に乾かすだけで翌日からすぐに使えます。

 

続いて実際に利用した方のレビューです。

 

「類似の商品を使用していましたが、ボロボロになったのでこれに買い替えました。
サイズはかなり大きいのですが、自分が使用している傘は自動折りたたみ式の
大振りな傘なのでピッタリです。
※以前使用していたものがサイズがきつかったのが原因で破けてきてしまいました。
2面吸収がポイントで、かさばりはしますが、濡れた傘を収納して、カバンに入れても
中のものに影響がないので重宝しています。」

 

「内側がふわふわのマイクロファイバーに守られていて吸水性はバッチリ。またジッパーも防水仕様となっているので、水漏れは防げます。総じて良品だと思いますが、32cm以内の傘対応の品を買って、ぴったり32cmの傘を収納しようとするとジッパーが完全に閉じませんでした。使えなくはないですが、若干余裕を持ってサイズ選びをしたほうがよさそうです。」

 

サイズはとても重要なので普段使っている傘のサイズを計測して購入したほうがいいですね。

 

折り畳み傘カバー 超吸水 傘ケース 2面吸水 梅雨対策 折り畳み傘袋 マイクロファイバー 軽量 携帯便利 34cm以内傘入れ可能 (ブラック, 38cm)

☂【抜群な吸水性】内側全面の超吸水シェ二ール織物素材を採用して、濡れた傘についた水滴をすばやく吸収する便利な傘カバーです。これがあれば鞄の中の書類にも安心です。通勤通学、訪問先や電車バスに乗る際のわずらわしさが解消されます。電車の中に周りの人に迷惑をかけずに済みます。
☂【360度全面防水】傘カバーは防水性が高いジッパーを採用しております。外側の高密度の生地も撥水性が高く、吸収した水分は外側に滲み出にくい。ジッパーはスムーズに開閉でき、内側の水分がしっかりと密閉できます。
☂【多様な機能】傘を収納することだけではなく、冷たボトルやほかの小物なども収納可能です。生地を裏返して内側の吸水性を活用して雑巾としても使えます、服や車や窓などの濡れたところを簡単に拭くことができます。
☂【紛失防止】適度な長さで耐久性があるストラップとフックが付いているので、ケースをカバンの取っ手などに吊り下げることができます。お好みの場所への取り付けが可能で、落としてしまう心配がありません。
☂【携帯便利&ご注意】サイズ:36*12*1.8cmコンパクトで持ち運びやすく、32cm以下の折りたたみ傘に使用可能です。❶33cm傘の方には38cmサイズをお勧めいたします。❷24cm以下の傘には28cmサイズをお勧めいたします。