ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

パナソニック コードレススティッククリーナー MC-BU500J-S 吸引力もよく評判

最近の掃除機は吸引力のよさが魅力というような感じになっていますが、それ以外の機能はいまいちだったりすることがあります。


そこで、国産の日本人向けのきめ細かい機能を持っていると評判のコードレススティッククリーナーがあります。


それは、パナソニック コードレススティッククリーナー MC-BU500J-S 吸引力もよく評判もいいです。

f:id:merrywhite:20201009041001j:plain

 

商品の説明
色:シルバーブラック
吸引力はもはや当たり前。「すき間」「壁ぎわ」も、これ1本。
1.フロアからすき間までノンストップでお掃除「くるっとパワーノズル」採用。
2.省スペースで収納できる本体幅7.2cm※1。「スリムボディ&スマートデザイン」。
3.「ハウスダスト発見センサー」搭載で微細なゴミまで見つけて、しっかりお掃除。


●壁際のゴミまでしっかりとれる 「ガバとり」構造
パナソニック独自の「ガバとり」構造なら、壁に当たるとノズルの前面のシャッターが開き、壁際のゴミを吸い込む。

●横にスライドさせて掃除ができる「ローラー」付き
横すべりができるので、さらに壁際の掃除がスムーズに。

ハウスダスト発見センサーで、見えないゴミまで検知
ランプが光ってお知らせするので、取り残しを防ぎ、目の届かない場所でもしっかりキレイにすることが可能。また、ゴミの量に応じてパワーを制御するので、効率よく掃除できる。
 

●くるっとパワーノズル
一つのノズルでフローリングやじゅうたんの掃除はもちろん、本体をくるっとまわし、ノズルをI字型に変形することで狭いすき間まで掃除することができる。


●ハンディクリーナーとしても使える
延長管を外すと、本体に直接ノズルを装着することができ、ハンディークリーナーとしても使うことができる。


こちらの掃除機は、細かい工夫が光る掃除機です。スリムで収納場所を取らず、操作性や取り回しもいいなど、使い勝手が抜群です。また、壁際の掃除力などに課題が多少ありますが、広い場所をさっときれいにできるのが魅力です。


そして、以下は参考になるレビューの抜粋です。

スティックタイプなので場所も取らず、コードレスなので電源コードの取り回しからも解放されるため、気になった時にさっと手にとって掃除が出来ます。
掃除機を引っ張り出してきてコンセントを差し替えながらといった手間から解放されるのは予想以上に素晴らしいです。
バッテリー駆動時間が25分ぐらいなので短いように感じる方もいるかもしれませんが、この気軽さならこまめに掃除が出来そうなのでガッツリ掃除機をかける機会も減りそうで問題なさそう。
タンクとバッテリーが本体の下側にレイアウトされているため、ベッドの下などを掃除したい場合、完全に床に寝かせる事が出来ないのがちょっと使い辛いかも。
以前、ダイソンのハンディークリーナを使用する機会がありましたが、電源ボタン(レバー❓)を押しっぱなしにしていないといけないのが何気に面倒でしたが、この掃除機は普通の掃除機と同じなのて使い易いです。
スティックタイプにもかかわらず、パナソニックお得意のゴミセンサーも付いていて非常に便利です。
コードレスなので車の清掃にも使えなくはないので用途が広がりますね。
手軽さを取るかパワーを取るかが悩みどころですが、こまめに掃除したい方ならオススメの商品です!

これ国産の中でもかなり評価が高いので、お勧めです。また、最近人気が出ている紙パック式もでていますので、是非、チェックしてみてください。
 

 

本体寸法 スティック:幅252×奥行き153×高さ1160mm/ハンディ:幅72×奥行き150×高さ680mm
消費電力 充電中:約27W、本体を外したとき約0.5W
保障期間:12ヶ月
付属品:すき間用ノズル、ペタすき間ノズル
使用時間の目安:強:約10分/自動:約15~約30分 ※満充電・電池初期20℃時
充電時間:約3時間
運転音:67~約63dB ※運転音の表示は、JIS C 9108による。
本体重量(kg):2.2