ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

デビルマンのネタバレラストに衝撃!ヒロイン、主人公もすべて死んでしまう

先日、漫画の寄生獣を読んであまりの面白さに10巻一気に読んでしまいました。寄生獣を読んだのはかなり前なので、新鮮な気持ちで読めましたが、本当に名作だと思います。


特にシンイチとミギーがお互いに影響しあい、最後はミギーも人間らしい発言をし、そして、消えていく。ラストもすごくいい感じで終わり、また、時間が経ったら読み返したい本の一つです。そして、この感じで次も面白い本が読みたい!と思って思い出したのがデビルマンです。


実は、デビルマンとの出会いはアニメだったか覚えていないのですが、一つ、確実に覚えているのがプレイステーションデビルマンの雰囲気の怖さです。あれをプレーしてデビルマンがとても怖い物という印象があって、大人になってからまたまた読みたくなりました。


ということで、もしかしたら全部読み切るのは初めてかもしれませんが、デビルマンを読みました。ちなみに、デビルマンってたったの5巻で終わってしまいます。よく名作とか言われますが、こんなに短いのですね。


そして、読み終えた感想ですが、とにかく衝撃的ということです。すべて書くと、まだ読んだことがない人へ面白くなくなりますが、ネタバレと書いてあるので、ある程度書かせてもらいます。


まず、アニメ版と原作は全然、変わっているそうです。アニメ版すら覚えていませんが、アニメ版のラストが知恵袋で説明されています。

アニメの「デビルマン」ってどういう話でしたっけ?最後はどうなりました?


なるほど悲観的な内容は書かれていないようですね。

実質、デーモン一族との最終決着はつかずに途中で終わっている。

最終話で、デビルマンが裏切る前、かつての上官だった妖獣ゴッドに明がデビルマンであることを明かされ、変身するシーンまで美樹らに目撃されてしまう。

デビルマンの持つ全ての技を持つばかりか、それ以上の力を持つ妖獣ゴッドに苦戦するが何とか倒し、正体がばれてしまったデビルマンこと不動明は、みんなの元から去ろうとするが、美樹はゴッドの術でデビルマンに変身してしまったと思い込み事なきを得て、さらに戦いは続く、といった感じで終わります。

 


ちなみに、そういった意味では原作は絶対に読むべきです。まさに悲観的な内容で、まず、不動明は、考古学者の父親を持つ飛鳥了から、地球の先住人類はデーモンであり、デーモンが復活しよとしている事実を聞きます。

 

ここから、お人よしの明は、了を助けることにします。この時点で、普通ならしないですが、さすが明。ちなみに、明はこころがきれいなので、悪魔と合体しても、心を支配されないそうです。


そして、儀式で勇者アモンと合体したデビルマンは、人々の為に戦うことになりますが、、、段々と衝撃的な事実が明らかになります。なんと、了はサイコジェニーの能力でわざと記憶を失わせ、人間として生活をしていたのです。


明を好きになってしまうという事実ですが、デビルマンと戦わなければいけないという最後です。そして、人間はドンドン悪い方向に行き、魔女狩りが始めります。結果、ヒロインはなんと、生首になります。信じられないですが、その前に弟も死にます。家族は全員殺されます。


悪魔にも人間にも殺されてしまうのです。そして、了は実はサタンでしたという内容なんですが、さらに驚きが両性具有なのです。女の体を持っています。


そして、人間的な心を維持できたのは美樹のおかげでしたが、ヒロインの死によって、戦いに挑む明。そして最後のシーンもなんと、下半身がありません。こういった悲劇的なラストシーンって、色んな漫画に影響している気がしますよね。もし、このラストの扱いがこの漫画が最初だとしたら、やっぱりすごい名作です。


たしか、ナルトも戦いの後に手を失うシーンがありますよね。二人の重要人物が並んで、コマが変わると体の一部がないのって、かなり衝撃的ですからね。


ということで、この漫画も確実に読んで面白い本の一冊だと思います。寄生獣が好きなら、間違いなく楽しめると思います。