ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

確定申告での水道代、ガス代の按分について経費にできる?

f:id:merrywhite:20200823190229j:plain


今、ちょうど確定申告をしていますが、物販ビジネスをしているときと比較して、やっぱり確定申告が楽ですね~。物販ビジネスでは、年間で400以上のものを売ったので、入力がほんとうにつらかったです。今は、それほど入力する項目がないので、2日あれば終わる作業です。そもそも、毎日つけておけば問題ないのですが・・・。


さて、確定申告時に経費になるものって、意外とわかっていないことがあると思います。私も初年度は、税理士をされているブロガーさんに質問させてもらった記憶があります。餅は餅屋ですからね。


そして、パソコンを使って、自宅で仕事をすることが多いのですが、その場合は、電気代は経費とするのは理解できますが、水道代、ガス代は経費とすることができるのでしょうか。


実際、仕事で水を使うかどうか、ガスを使うかどうかですが、かなり微妙ですよね。水を使う場合は、お風呂、食器洗い、料理などになると思いますし、ガスもお風呂、食器洗いなどになるので、仕事に直結するものがありません。その為、ガス、水道については、経費にしても数%、もしくはそもそも経費に出せないとするケースが多いようです。


経費へ計上できるか気になる方は、まずは税理士か所轄の税務署に相談してみることですが、基本は該当しなさそうなので、私もとりあえず経費としては計上しないことにします。


また、確定申告をする場合は、やよいの青色申告が使いやすくて便利です。最近は、オンラインでも使えるようになったので、パソコン環境に依存せずに使えるので、オススメです。
 

「やよいの青色申告オンライン」「やよいの白色申告オンライン」は会計ソフト売上実績No.1の弥生が提供する、フリーランス個人事業主向けクラウド会計ソフトです。私も副業で稼いでいるので、やよいを利用しています。

 
ちなみに、白色の場合は、無料で使えるので本当にお勧めです。確定申告が初めての方も使いやすいソフトでお勧めです。私も数年前からずっとやよいです。


>>やよいの青色申告オンライン