ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

VMware LogInsightにデプロイ後にセカンダリDNSを設定追加する

仮想アプライアンスとして提供されている仮想マシンですが、WEBの管理画面で基本的な設定変更ができる場合とできない場合がありますので、事前に設定するパラメータはしっかりと確認しておく必要があります。


以前も、vROpsをデプロイした後に、デフォルトゲートウェイが変わって、変更を余儀なくされたことがあり、色々と大変でした。公式マニュアルに手順がある場合はいいですが、ない場合は、サポートに問い合わせたほうがいいケースもあります。


そして、今回は、VMware LogInsightについてですが、デプロイ後にセカンダリDNSを設定追加したい、もしくは設定を変更したいケースがあると思います。ただ、調べると、中々これという情報にヒットしません。海外の古い情報がありました。

 

https://notesfrommwhite.net/2016/01/08/adding-a-second-dns-to-my-log-insight/

Recently I realized that I had only one DNS entry for my Log Insight server and when I tried to fix it I realized it had no vApp properties. ~

What does it look like when there is no vApp properties for Log Insight? You can see below – after using Edit Settings on the VM.

 

ここに書かれている通り、LogInsightのネットワーク設定は、WEBの管理画面ではできないので、仮想マシンの設定の編集から、vAppのプロパティから行います。


ここの設定から、DNSサーバの登録されている項目を探し、「,」カンマ区切りでセカンダリDNSの情報を追加してあげればOKです。


また、vAppオプションの変更には、仮想マシンの停止が必要になりますので、注意が必要です。


公式マニュアルはこちらを参考にしてください。


vRealize Log Insight の管理

https://docs.vmware.com/jp/vRealize-Log-Insight/4.3/log-insight-administration-guide.pdf