ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

20年以上飼っていたクマに襲われ飼い主の75歳男性が死亡 野生動物は怖い ブルーノ トラビス事件思い出した・・・

 

20年以上飼っていたクマに襲われ飼い主の75歳男性が死亡 野生動物は怖いニュースがSNSであがっていて、ブルーノ トラビス事件思い出しました・・・

 

こちら

飼っていたクマに襲われ飼い主の75歳男性が死亡 20年以上飼育 クマは射殺(NBS長野放送) - Yahoo!ニュース

 

長野県松本市五常で28日午前、飼っていたクマに飼い主が襲われ、救急搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。

死亡したのは松本市の75歳男性です。

警察や消防によりますと、28日午前9時20分ころ、男性の家族から「飼っていたクマに襲われた」といった内容の通報がありました。

男性は病院に搬送されましたが、その後、死亡が確認されました。

クマは男性が倒れている周辺をうろついていて、猟友会関係者に射殺されたということです。

警察によりますと、男性は20年以上クマを飼っていたということです。

クマは人に危害を加える恐れがある「特定動物」に指定されていて、飼育には都道府県などの許可が必要です。

松本市保健所によりますと、この男性は許可を得ていたということです。今年5月にはおりの施錠などの検査を受け、問題はありませんでした。

警察は詳しい原因を調べています。

 

 

コメントです。

 

「つきあった年数も深い信頼関係も、「発情期だから」「冬眠前だから」など生命活動のサイクルを理由に、
一瞬でぶっ飛ぶのがゾウや熊や猪など危険野生動物。
飼育は厳格なルールを守らないと命がなくなる。
熊牧場やぞうの国はしっかりしているけれど、個人で飼うのは難しいのでは。ダブルチェックも欠かせない。「信頼関係」があるから、とつい油断することがなければ良いだろうけど。
危険野生動物との信頼関係は、薄氷を踏むようなもの。
もうこんな事件、起きてほしくない。」

 

「やはり自然の生き物は自然の中で暮らすのが一番だと思う。
なんらかの理由で保護してとしても、保護の理由がなくなれば自然に戻すのが良いと思う。

ましてや人間が管理できる安全が保障出来ないようなものの飼育を認める必要があるのかと思う。

大きな蛇やワニなどが逃げて大騒ぎになったりますが、何かあれば自分だけの問題でなくなるようなものは、もっと規制して良いと思います。」

 

「熊の寿命って長いと25年くらいみたいだけど、犬や猫も長寿になるほどに目が見えなくなったり、耳が遠くなったりして神経質になったり、認知症で大人しかった子が凶暴に…

ってこともある。

熊がそうなれば人間の力ではどうにもならないと思う。

20年も面倒見ていたのだからきっと愛情も違いにあっだろうし、だからこそ余計に悲しい結末だと思う。」

 

書かれている通り、やっぱり野生動物は自然にいることがいいのでしょうね。クマって本当に怖いイメージしかないです。

 

モバイルバッテリー 【12000mAh & ケーブル内蔵】 大容量 軽量 薄型 2in1ケーブル内蔵(Micro USB ライトニング内蔵) 4台同時充電 急速充電 携帯充電器 残量表示 PSE認証済 防災グッズ 旅行/出張/地震/防災グッズ iPhone/iPad/Android各種対応 (ブラック)