ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

毎月のスマホ代の平均月額利用料ランキング1位は3000円未満 格安スマホは節約になる

同僚がかなり前に格安スマホに変更してかなりの節約になっているそうです。我が家もそろそろ格安スマホにしたほうがいいのかなと思えてきました。

 

実際、今の通信費は1万円近くかかっているので、本気で検討中です。

 

そして、気になるのが最近の月額利用ってみなさんどうなのかということです。そこで、ネットニュースでランキングが紹介されていました。

 

こちら

料金見直しの価値あり?スマホ代金の平均月額利用料ランキング - ライブドアニュース

 

私は2位くらいでしょうか。端末代金を含めると8000円を超えています。

 

3位:3000円~4000円未満
3位にランクインしたのは、「3000円~4000円未満」。格安プランに乗り換えた人の中には、一定期間を過ぎると3000円以上はかかってしまうとの声がありました。電話などを頻繁に使用すると、格安プランによっても高くなってしまう可能性もありそうですね。

回答者のコメントでは、「通信容量が最大限を超える時、もしくは通話定額プランや個別通話料金の設定がかなり高く感じる。端末代金も分割で4年支払いがあるが、そもそもの端末代金が高すぎる(男性30代)」「通話もそこまでしていないですが、毎月明細がくる度にスマホ代が高いと思います。よくCMなどで自分の支払っている額より少ない金額を見るとプランを変更したほうが良いのかなと思います(女性30代)」など、端末代がかさむといったコメントも寄せられました。

 

2位:6000円~8000円未満
2位は、「6000円~8000円未満」。格安プランや格安SIMなどに乗り換えていない人は、これくらい毎月かかってしまう場合が多いでしょう。
また新プラン等に乗り換えていても、基本のギガ数が少ないと、外出時の動画視聴などで料金が上がってしまうこともあるようです。ライフスタイルに合わせてプランを見直すと、料金を抑えられるかもしれませんね。

回答者からは、「ギガライトとギガプレミアの2つのプランがあり、私はギガライトを利用しております。速度制限が怖いのでWi-Fiを利用しており、-500円程安く出来るように企業努力をやって頂きたいです(男性30代)」「通話はそこ2、3分で終わる、通信もダラダラと使うわけでもないのが現状です。ATMで通帳を確認してる時に電話代を見るとガッツリした金額が引かれていて「高っ」と思ってしまいます(女性40代)」といったコメントが寄せられ、速度制限を避けることで利用料がかさむといった事情も浮かび上がりました。

 

1位:3000円未満
1位の「3000円未満」に抑えられている人は、格安スマホに乗りかえている場合がほとんどでしょう。ギガの繰り越しや無料通話アプリの活用など、さまざまな方法で料金を抑えているようです。
最近では、通勤がない自宅でのリモートワークをするビジネスパーソンも増えたため、一度料金プランを見直すと、必要最低限のプランで事足りるのかもしれせんね。

 

 

格安スマホと言えば、最近、ahamoがオプションで100GB通信までできるようになって、テレワークなどの大容量を使う人向けに新しいサービスを開始すると発表しましたよね。

 

実際、テレワークが増えて、通信料が増えたということがありますので、さらにahamoの人気が高まりそうです。

 

やっぱり通信費の節約をするなら格安スマホを選ぶのが正しいですね。今、私が8000円くらいだとして、3000円未満に抑えることができたら、月に5000円、年間で6万円の節約になるので、通信費を抑えた方の選択肢になりそうです。

 

通信費を節約したい方は、格安スマホがおすすめです。

 

また、ahamoへの申し込みはこちらからできます。

 

>>ahamoへの申し込みはこちらから