ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

AC電源のMacbookも充電できる Anker PowerHouse 100 ポータブル電源バッテリー 27,000mAh

いざというときに持っていると便利なのがモバイルバッテリーです。

 

私もスマホの充電がよく外出先できれるのでモバイルバッテリーは必須アイテムです。最近では、子供もスマホを使うので何かと使う機会が増えています。

 

利用者が多い場合は、モバイルバッテリーも大容量のものがおすすめです。

 

私も選ぶときは容量は意識して購入するようにしています。そして、モバイルバッテリーも大容量化していて、災害時やキャンプなど外出先でも使えそうなものがあって、しかもコンパクトです。

 

それが、AC電源のMacbookも充電できる Anker PowerHouse 100 ポータブル電源バッテリー 27,000mAhが口コミレビューで高評価です。

 

Anker PowerHouse 100 (ポータブル電源 27,000mAh / 97.2Wh 出力45Wの充電器付き) 【純正弦波 AC100W / PD対応 45W 入出力/PowerIQ 3.0 (Gen2)搭載 / ◇PSE技術基準適合】アウトドア 車中泊 緊急 災害時 非常用電源

f:id:merrywhite:20220104112445j:plain

 

コンパクトなポータブル電源
厚さ約3cmのコンパクト設計ながら、約27,000mAh(97.2Wh)の大容量で、MacBook Air 13インチを1回以上、iPhone 12を約5回、DJI Mavic Mini 2ドローンを3回以上充電することが可能です。テレワーク、旅行、野外撮影など幅広いシーンでご利用いただけます。

最大100WのAC出力
純正弦波で最大100W出力のACポートを搭載し、ノートPCやカメラ、ドローン、小型家電製品まで幅広い機器に充電 / 給電が可能です。家庭用と同じような、滑らかな波形の交流電源で、ほとんどの精密機器にも利用いただけます。

f:id:merrywhite:20220104114148j:plain

防災・緊急時の使用に
地震津波など自然災害、急な停電時の防災グッズとしておすすめです。明るさの異なるライトモードやSOS用のフラッシュモードを搭載し照明や救命信号として利用できます。

本体へもフルスピード充電
付属のUSB-C急速充電器とUSB-C&USB-C ケーブルにより、約3時間で本製品を満充電できます。

f:id:merrywhite:20220104114211j:plain

Anker PowerHouse 100

最大出力100Wの純正弦波AC出力ポート、最大出力45WのUSB-Cポートおよび合計最大出力15Wの2つのUSB-Aポートを搭載した小型ポータブル電源

製品の仕様

サイズ:約201 × 120 × 31mm

重さ:約862g

USB-C 入力:5V=3A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=2.25A (最大45W)

出力:

・AC:110V ~ 0.91A, 60Hz, 100W (瞬間最大125W)

※本製品は電力消費を抑えるため、ACポートに接続する機器の必要電力が30分以上10Wを下回る場合に電源が自動的にオフになります。

充電または給電を再開したい場合は、再度電源ボタンを長押ししていただくようお願いいたします。

・USB-A:5V=3A (各ポート最大12W / 合計最大15W)

・USB-C:5V=3A / 9V=3A / 15V=3A / 20V=2.25A (最大45W)

4ポート合計最大出力:160W

バッテリー容量:27,000mAh / 97.2Wh

ご注意
本製品はCPAP人工呼吸器には対応しておりません。
本製品にトラベルポーチは同梱されていません。
電源ボタンをオンにしている場合、お使いの機器を接続していない場合でも電力が消費されます。ご利用にならない間は電源ボタンをオフにすることを推奨します。
AC出力インジケーターが赤く点滅している場合、本製品の動作に異常があることを意味します。エラーが解消し、インジケーターが消えるまで本製品の利用を中止してください。
イヤホンやスマートウォッチ等の入力電流が低い製品には「低電流モード」をご利用ください。電源ボタンを2回押すと低電流モードに切り替わり、インジケーターが緑色に変わります。再度電源ボタンを押すと、低電流モードがオフになります。
接続機器が要求する電力消費量が給電量を超えている場合は、接続機器への出力を優先し、本製品を充電することが出来ません。
製品の仕様は予告なく変更されることがありますので、予めご了承ください。

 

続いて、実際に利用した方のレビューです。

 

「ポータブル型で1kg未満でACコンセント搭載で純正弦波出力、そしてメジャーなメーカーと価格で選んだ結果この製品に辿り着きました。
仕様変更前の製品を知らないので性能の良し悪しは分かりませんが、簡易撮影ブースの照明用電源として仕事をしてくれるので十分です。

付属品はCtoCケーブル1本、AtoCケーブルが1本、仕様変更になったというACアダプタ(type-C出力1ポートのみ)。

実測で重量は871g。
ACの出力電圧をワットチェッカーで測ってみたところ、60Hz 113Vありました(無負荷)。
オシロは無いのでどの程度の波形かは分かりません。」

 

「何かと汎用性の有りそうなポータルAC電源として購入。
パッケージ改定で収納ケースが付属しなくなり充電器がしょぼくなったという情報は見ましたが
バッテリー本体は使いたい用途に適合していたので満足してます。

とはいえ持ち運びにある程度保護してくれるケースが必要だったので色々物色していたところ
Amazonベーシック ポータブルケース ポーチ カメラ/携帯電話/GPS用 ブラック が結構ぴったりだったので現在はこれに入れて持ち運びしてます、ファスナーがついた中仕切りの裏側にバッテリー入れるとファスナーでバッテリーが傷つかず厚みの隙間も埋めてくれまさにピッタリと納まってくれます。

amazonとankerの思惑にハマったようでモヤッとするがリチウムバッテリーに衝撃入るような心配も減るのでまぁ良しとします。」


モバイルバッテリーもどんどん大容量になっていて、このサイズでMacbookが充電できるのは汎用性が高くていいですね。

 

コンパクトなポータブル電源:厚さ約3cmのコンパクト設計ながら、約27,000mAh(97.2Wh)の大容量で、MacBook Air 13インチを1回以上、iPhone 12を約5回、DJI Mavic Mini ドローンを3回以上充電することができます。
最大100WのAC出力:純正弦波で最大100W出力のACポートを搭載し、ノートPCなどの精密機器からカメラ、ドローン、小型家電製品まで幅広い機器に充電 / 給電が可能です。
4台同時に充電 / 給電:最大出力100Wの純正弦波AC出力ポート、最大出力45WのUSB-Cポートおよび合計最大出力15Wの2つのUSB-Aポートを搭載。4台同時に合計最大160Wで充電できます。
PowerIQ 3.0 (Gen2):最大出力45WのUSB-CポートはAnker独自技術PowerIQ 3.0 (Gen2)を搭載。USB Power Deliveryとの互換性をさらに高めながら、Qualcomm Quick Chargeなどの充電規格にも対応し、幅広い機器へのフルスピード充電が可能です。
パススルー充電対応:本製品を充電しながら、別の接続機器へも同時に充電をする「パススルー充電」に対応しています。 (接続機器が要求する電力消費量が給電量を超えている場合は、接続機器への出力を優先し、本製品を充電することが出来ません。)
パッケージ内容:Anker PowerHouse 100、USB-C & USB-C ケーブル、USB-C & USB-A ケーブル、USB急速充電器、携帯用ストラップ、取扱説明書、最大24ヶ月保証 (※正規販売店からの注文に限り18ヶ月保証の対象となり、条件付きで+6ヶ月の延長保証が付きます。詳細は「出品者のコメント」をご確認ください。注文番号が保証書の代わりとなります。)、カスタマーサポート(※製品パッケージは予告なく変更になる場合がございます。ご購入時期によっては異なる製品パッケージでお届けする可能性がございますので、予めご了承ください。なお、製品自体には違いはございません。)