ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

高画質できれいとレビューで高評価 東芝 48V型 有機ELテレビ レグザ 48X8400

テレビを給付金があって買い替えたのですが、大正解で、もともとは東芝REGZAを利用していましたが、4Kテレビではなく、さらに10年近く前のものだったので、買い替えて画質の違いにびっくりしました。

 

購入したのはソニーブラビアです。

 

ただ、画質は同じ価格帯の中で他のメーカーのもののほうがよかったものもありますが、機能面で妻が一押ししてきたので選びました。

 

普段、テレビを一番よく使うのは妻と子供たちなので。

 

家電量販店でテレビの画質をチェックしていてやっぱり有機ELテレビが画質がくっきりしていてきれいでしたが、価格が高いですよね。

 

ということでネットだと安く買えておすすめです。高画質できれいとレビューで高評価 東芝 48V型 有機ELテレビ レグザ 48X8400なら一つ前のモデルで13万円台で買えます。

 

東芝 48V型 有機ELテレビ レグザ 48X8400 4Kチューナー内蔵 外付けHDD W録画対応 (2020年モデル)

f:id:merrywhite:20211214070634j:plain



商品の説明
サイズ:48V型(6〜8畳未満)
大きすぎない感動大画面という選択。濃密な映像美、高画質4K有機ELレグザ

 

都会のリビングやプライベートルームに最適な大画面
有機ELテレビの高画質をすべての人に楽しんでほしい。X8400は都市での住環境にもマッチする「大きすぎない大画面」に先進の高画質スペックを搭載した有機ELレグザ。テレビ番組だけでなく、ネット動画や4K放送、そして贅沢なゲーミングテレビとして、リビングやパーソナルルームで存分にお楽しみいただけます。

f:id:merrywhite:20211214070934j:plain

深みのある美しい“黒”を再現
レグザ専用高コントラスト有機ELパネル

フルハイビジョンテレビの約4倍となる約829万もの画素が、自ら発光する「自発光方式」によりピクセル単位の発光で映像を表現することで、高いピーク輝度とほぼ完全な黒の再現が可能に。鮮やかな発色と濃密な黒により、高コントラストで臨場感あふれる高画質をお楽しみください。

f:id:merrywhite:20211214071021j:plain

地デジAIビューティPRO
シーンごとにあらわれるさまざまなノイズを検知し低減。超解像処理により地デジの2K映像を4K解像度に変換し、いつもの番組はもちろんBS/CS放送、ブルーレイソフトなどをより美しくお楽しみいただけます。

 

ネット動画ビューティPRO
さまざまな画質が混在するネット動画の映像に高画質処理を実施。低階調な映像ではコントラストと精細感がアップします。また、高精細なネット動画も4K超解像により、さらにノイズを抑え精細感を高め、自然な高画質が楽しめます。

 

美肌リアライザーPRO
明るいシーンでの肌色飽和を高精度に検出し、自然な階調を再現。ハイライト部分の階調をきめ細やかに描き出すことで、肌の質感をよりリアルで立体的に表現します。さらにHDR映像でくすみがちな肌の陰影部分までも、艶やかに再現します。

 

続いて、実際に利用した方のレビューです。

 

以前まではHISENSEの43インチ4K液晶テレビを使用していました。
いわゆるSONY信者の1人の為、次は指名買いでBRAVIA有機ELを購入する予定でしたが、実際に店頭で見比べてみたところ、確かにBRAVIAは4K映像(特に緑や水など自然の映像)を映すと色合いが鮮やかで素晴らしかったのですが、比較すると人肌などは本機の方が色合いが自然で、かつ字幕が出たときの縁の部分がジャギー感がなく滑らかに見えました。
また、画像処理エンジンが優秀なのか、4K映像は勿論のこと、それ未満の地デジコンテンツ等も自然に映してくれていました。
私はアニメなどの比較的解像度が高くないコンテンツを視聴することが多いので、それらを美しく処理して映してくれる本機は最適です。型落ちの55X830も検討しましたが、レグザエンジンCloud PROは思ったよりも活躍してくれているようで、本機を選んで良かったです。

 

テレビを選ぶ際に、やっぱり画質は重要です。黒がきれいに見えると全体的に画質が際立って見えそうですね。