ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

amazonで8万円台と安い!ソニー 43V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-43X80J 2021年モデル

給付金でソニーブラビアを購入したのですが、テレビはわりと大きい買い物になるので、家族でヤマダ電機に行って、直接、画質などを見て購入しました。

 

4Kテレビって色んなメーカーから出ていますが、見比べてみて価格帯などから分かったことがあります。

 

まず、フナイは安いです。ただ、画質はやっぱり見劣りしました。展示してあるものでシャープとソニーが同じくらいの価格でしたが、シャープのほうが画質がよかった印象があります。

 

それでもソニーブラビアを購入した理由は、妻がXperiaと連動できるというものと、その他機能で使いたいものがあるということで、機能面から選びました。

 

そして、実際に使っていて画質も悪くないし、子供たちもスマホの画面を大画面でみたり、youtube観たり、アマゾンプライムみたりと、色々と楽しめています。購入してよかったと思います。以前は、東芝のREGZAを6万円ちょっとで購入しましたが、今回は画面サイズも大きくなって、価格も10万円くらいになりました。

 

家電量販店で買うとやっぱりちょっとお高めになります。しかも、価格が高いので、昨年のモデルを購入しました。そして、びっくりしたのですが、 amazonで8万円台と安い!ソニー 43V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-43X80J 2021年モデルが買えちゃいます。

 

ソニー 43V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-43X80J 4Kチューナー 内蔵 Google TV Dolby Atmos対応 Prime Video ボタン搭載 (2021年モデル)

f:id:merrywhite:20210705032634j:plain

 

商品の説明
スタイル:43V型 2021年モデル (Prime Videoボタン搭載)
ネット動画も放送波も、高精細で色鮮やかな4K高画質に。充実の高画質機能と多彩な便利機能を搭載した4K液晶テレビ
さらに「Prime Video」ボタン新規搭載で、テレビの電源がオフの状態でも、ワンプッシュでかんたんにアプリを起動できて便利

 

人の目に映る色は、たとえば赤といっても、バラ、紅葉、トマト、ワインなど、さまざまな赤の色合いがあります。「トリルミナス プロ」では、広い色再現領域に加えて、独自の新アルゴリズムにより、彩度/色相/明度を3次元で検出することで、より細部まで忠実な色を自然に再現することが可能になりました。これにより、今まで表現しきれなかった繊細な色のニュアンスや、人肌のみずみずしい質感までも明るく色鮮やかに描き出します。

f:id:merrywhite:20210705032818j:plain

Google TV(TM)機能搭載なのでネット動画の視聴に最適。映画、音楽、ゲームなどあらゆるジャンルのコンテンツを楽しめます。また、視聴履歴や好みに合わせて、Google があらゆる動画配信サービスの中からあなたにぴったりのコンテンツをおすすめするので、お気に入りのエンターテインメントを心ゆくまで楽しめます。さらに、Google アシスタントを使えば、音声でコンテンツの検索やテレビの操作もできます。

 

「Hulu」「Netflix」「U-NEXT」「Prime Video」「ABEMA」「TSUTAYA TV」「YouTube 」「My BRAVIA」ボタン搭載で、テレビの電源がオフの状態でも、ワンプッシュでかんたんにアプリを起動できます。

f:id:merrywhite:20210705032916j:plain

Chromecast built-inかつApple AirPlay 2に対応。ブラビアスマートフォンを同じWi-Fiネットワークに接続し、スマートフォンに表示されるアイコンをタップすれば、Android(TM)からもiPhoneからもスマートフォンのコンテンツをあっという間に大画面にキャストできます。

 

リモコンの「 Google アシスタント」ボタンを押して、会話をするように声で見たい動画を探せる「音声検索」が可能。(*)押して、話す。それだけで見たいものを検索できます。

* ご使用には、インターネット環境と Google アカウントでのログインが必要です

音の歪(ひず)みを低減するため新形状の振動版を採用した、「X-Balanced Speaker」を搭載。音の解像感が向上し、クリアな高音質を再現します。また、大容量のスピーカーボックスにより、迫力のある重低音を実現します。

f:id:merrywhite:20210705033020j:plain

地上放送/BS・CS/BS4K・CS4K、3チューナー搭載なので、番組を見ながら、2K放送でも、4K放送でも、同時刻に放送中の別の2番組を外付けUSBハードディスク(別売)に録画することができます。

 

スマホを使っているかのようなサクサクな操作性。アプリの起動やテレビ番組の切り替えが速く、豊富なコンテンツから見たい映像を快適に楽しめます。

 

テレビ台を置く必要がないので、スッキリと設置でき、部屋を広く使えます。また、スタンドやテレビ台などが視界に入らず、映像に集中できます。 別売の壁掛け金具を使用することで、スタイリッシュな壁掛けスタイルを実現。さらにスイーベルにも対応することで視聴環境に合わせてテレビの角度を変更でき、壁掛け時に気になるテレビの裏側の清掃などもかんたんに行えます。


続いて、実際に利用した方のレビューです。

 

Android TVとのことですがiPhoneでのAirPlayにも対応していてGoogleアカウントでのGoogleのサービスも利用しているのでこのスマートテレビのフルスペックの仕様をほぼ活用できました。
が、Echoドットとの接続に関しては思ったより大したことができませんでした。
チャンネル変えるとかぐらいだとリモコン使った方が楽です。
Mac miniHDMI接続していますが通常の利用では画像エンジンの介入でマウス操作で大きな遅延が発生します。
ゲームモードにするか画像エンジンの処理を可能な限りオフにしてなんとか使えるレベルで通常のPC操作には向きませんでした。
しかしホームシアターPCのモニタとして買ったわけですがBRAVIA搭載アプリでほぼ事足りている状態です。
WiFiもガッチリ掴みますし、この価格でここまでできれば大満足です。
画質に関しては4kソースがまともなものがないので判断しかねますが内蔵エンジンで2k -> 4kアップコンバートされた動画のほとんどに違和感はさほど感じられないくらいです。

 

4Kでこの価格で買えるのはネットならではと思います。 

 

 

Google TV(TM)機能搭載。Google のAIが、あなたにぴったりのコンテンツをおすすめ。さらにGoogle アシスタントを使えば、音声でコンテンツの検索やテレビの操作も可能※X80Jはハンズフリー音声検索には対応しておりません。付属リモコンに話しかけることで「音声検索」を実施いただけます。
新たに「Prime Video」ボタンを搭載し、テレビの電源がオフの状態でも、ワンプッシュでかんたんにアプリを起動
地上放送/BS・CS/BS4K・CS4Kをそれぞれ3チューナー搭載。2K放送も4K放送も外付けUSBハードディスク(別売)に2番組同時録画が可能
4Kの美しさを最大限に高める高画質プロセッサーHDR X1」や、より細部まで忠実な色を自然に再現する「トリルミナス プロ」搭載
音の解像感が向上し、クリアな高音質を再現する「X-Balanced Speaker」や視聴環境に合わせて音声のバランスを調整する「自動音場補正」機能を搭載
Bluetooth対応のヘッドホンやスピーカーとワイヤレス接続が可能。テレビスピーカーから切り替えて個人で楽しまれたいときに便利。(ペアリング設定等の詳細はソニー公式HPをご参照下さい。)
Amazon Echoシリーズ(別売り)と連携させることで、ブラビアの操作をハンズフリーで行うことができる「Works with Alexa」対応。 「テレビ電源のオンオフ」「チャンネルや入力の切り替え」「録画コンテンツの再生/巻き戻し/停止」などの音声操作が可能