ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

食べ比べして分かるお米の美味しさ 象印 炊飯器 5.5合 圧力IH式 炎舞炊き NW-KA10AM-BZ

お弁当を初めてから感じることですが、お米はすごく大事です。昨年から節約の為にお弁当にしたのですが、やっぱり美味しくないと飽きてしまいます。もちろん、作りたてよりは味が落ちますが、電子レンジがあればある程度、熱々で美味しく食べれますし、お弁当は節約におすすめです。

 

これまで700円~1000円くらいかかっていましたが、これがほぼ200円くらいになりました。さらに、それに合わせてお茶もスーパーで買ったものになりましたので、450円が200円以下です。

 

なので、毎月1万4千円前後の節約になり、年間で17万円くらいの節約になるってすごすぎません?ちりも積もればなんとやらですね。 

 

そして、お米自体にもこだわっていて、ゆめぴりかを選んでいます。冷めても美味しいからですね。今の炊飯器に満足はしていますが、次はもっとランクの高い物にしようと思っていて、食べ比べして分かるお米の美味しさ 象印 炊飯器 5.5合 圧力IH式 炎舞炊き NW-KA10AM-BZがかなりレビューの評価がよくて使ってみたくなります。

 

象印 炊飯器 5.5合 圧力IH式 炎舞炊き プライムブラック NW-KA10AM-BZ

f:id:merrywhite:20210612165737j:plain

 

商品の説明
スタイル:1)ハイエンド ブラック
・かまどの激しい炎のゆらぎを再現した、新しいカタチのIH構造
・3つに独立したIHヒーターを制御する炊き方で、激しい対流を起こす
・業界初「鉄(くろがね仕込み)豪炎かまど釜」
・集中加熱を活かす「アルミ」と、IHとの相性の良い「鉄」をステンレス層の間に仕込んだ新しい構造の内釜
・炎舞炊きの熱を逃がさない厚みのある釜ふちで高火力を効率よくお米に伝える
・内釜内面のうまみプラスプラチナコートの効果でごはんの甘みとうまみを引き出す
・家庭にあった、好みの食感に炊き上げる121通りの「わが家炊き」メニュー
・洗う部品点数が少なく、お手入れ簡単
象印独自の「うるおい二重内ぶた」で、沸騰時も大火力で炊き続け、一粒一粒をふっくらに炊き上げる
・40時間おいしく保温できる「極め保温」メニュー
・あたたかいごはんを食べたい方におすすめの「高め保温」メニュー

 

激しい炎のゆらぎを再現すると、お米が激しく舞い上がる

f:id:merrywhite:20210612170036j:plain

舞え、炎。舞え、お米。
激しい炎のゆらぎを再現した、新しいカタチのIH構造です。

業界初!3つのヒーターを独立制御できるローテーションIH構造
3つの底IHヒーターで火力をそれぞれ制御し、部分的な集中加熱が可能になりました。釜内に温度差を生み、激しく複雑な対流を起こし、高温の熱でお米を一粒一粒に伝えます。

炎舞炊きで激しいゆらぎを再現
部分的な集中加熱ができるローテーションIH構造を採用した「炎舞炊き」。激しい炎の揺らぎを再現した炊き方です。

f:id:merrywhite:20210612170127j:plain

ごはんの炊きムラを抑える
炎舞炊きは釜底から上面までお米を良くかき混ぜ、炊きムラを抑えます。一粒一粒をふっくら炊き上げ、お米の甘み成分を引き出します。

豪炎かまど釜
炎舞炊きの部分的な集中加熱を活かす、「鉄」も仕込んだ新しい内釜です。

業界初!「鉄」を仕込んだ内釜
IHと相性の良い「鉄」素材を、「アルミ」と「ステンレス」の間に仕込んだ業界初の構造で、高い蓄熱性と発熱効率を実現。プラチナコートをコーティングすることにより、ごはんの甘み成分とうまみ成分を引き出します。

f:id:merrywhite:20210612170203j:plain

厚く設計した釜のふち
釜側面の熱を蓄え、内釜の外へ放熱せず効率よく加熱します。

炊くたびに進化する「わが家炊き」
前回食べたごはんの、かたさや粘りの感想を入力すると、炊き方を変えて食感を調整します。最大121通りの炊き方があり、どのご家庭でも好みの食感に炊くことができます。

うるおい二重内ぶた
うるおい二重内ぶたがふたヒーターからの熱を受けにくくし、釜内の水分を逃がさず、ごはんのパサつきを抑えます。


続いて、実際に利用した方のレビューです。

 

象印がなんだかんだで1番美味い、とは聞いていたが、我が家はパナソニックファン(というよりサンヨーファン)。
W踊り炊きが1番だと思っていた。
某カメラで各社の最高級炊飯器の食べ比べをしていて、まあ物は試しだと食べ比べ。
うぅ…まじか。
こんなに各炊飯器で違うものかと驚いたと同時に象印…なんて美味いんだ…と。
パナソニックも毎日食べている味だし、もちろん美味しいが、象印のご飯の甘み、ツヤ、食感どれをとっても最高だった。
内蓋のゴム部分が緩くなってきていたのでその場で買い替え。
二台続けてパナソニックのものだったが我が家では初の象印炊飯器。
パナソニックは内釜の耐久性もあり、長持ちしてくれたので、象印にも期待したい。
我が家のにはAMとは書いていないが、アマゾンオリジナルだろうか?
別商品かもわからないが、炊飯器を迷われている方には是非一度試して欲しいと思いこちらに記載した。
ご自宅の炊飯器が他のメーカーの物なら、炊きあがりのご飯の違いに驚かれる、はず。」
 

「発売時から欲しいものリストに入れて値段変動をチェックしておりましたが、今回のセールでとうとう8万円ちょっとになり、思い切って購入いたしました。
これまでは、3万円台で購入したPanasonicの炊飯器を使用していました。
【熟成炊き】
お米を変えていないのに、本当に味が違います。例えると、旅館で出てくるご飯のような味になります。
しっかりとお米が立っており、しっかりとお米の味を感じることができます。
74分かかりますが、炊飯スケジュールを調整し、なるべくこのコースで炊きたい!と思います。
【急速炊き】
これまで使用していた炊飯器にもついていた、30分ほどで炊きあがるコースですが、これも味の違いを感じることができました。急いでいる朝にお米がない!という場合でも、おいしいご飯を食べることができます。
まだ特急炊きは試していませんが、またレビューしたいと思います。
【保温】
今まで使用していたものですと、保温が24時間を超えると、明らかにお米がまずくなりました。
こちらの保温機能は本当に優秀で、24時間を超えても、多少の味の落ちを感じるものの、おいしく食べることができます。今まで炊き上がってから早めに冷凍していましたが、そこまで神経質にならなくても、保温機能に頼ることができそうです。

総合的に満足のいく買い物でした。白物家電は毎日使用するからこそ、良いものを買ったほうがいいな、と実感いたしました。」

 

ここまで高評価のものも珍しいくらい美味しく炊けると評判なので、買い替える際には候補の一つですね。というか、象印さすがです。

 

 

炊飯容量:5.5合(0.09~1.0L)
外形寸法 幅×奥行×高さ:27.5×34.5×23.5cm(ふた開き時高さ46cm)
本体重量:8.5kg
内釜5年保証 / 生産国:日本
炊飯器消費電力:1240W
電源コード: 1.0m