ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

西新 蜂楽饅頭 福岡本店 あんこの甘みがたまらない和のスイーツ

福岡に住んでからすでに3年近くになりますが、福岡はやっぱり住みやすいですね~。美味しい料理が多いですし、住みやすいです。


実際に他県から福岡に移住する人が増えているそうです。福岡はセカンドライフにもおすすめです。交通の便もいいですし、最高です。


そして、西新の商店街を歩いているとよくみる行列ができるお店が「蜂楽饅頭 福岡本店」です。以前は、プラリバの中にもあったんですが、プラリバは残念ながら閉店してしまいました。サニーもあって利用しやすかっただけに残念。プラリバがなくなったので、西新の住みやすさはちょっとグレードダウン。


そして、仕事で鹿児島に行くことがあったんですが、鹿児島の天文館にもこちらのお店がありました。九州を代表する有名店ですね。そして、福岡を去ることになったので、ここで回転焼きを食べることにしました。相変わらずの行列。

f:id:merrywhite:20210920085652j:plain



このお店は高齢の人から、若い人まで並ぶ、地元に愛される和のスイーツが楽しめるお店です。厳選された素材を使っているようです。北海道十勝平野の大地の恵み。お店の中では手際よく回転焼きが作られていきます。



蜂楽饅頭(ほうらくまんじゅう)は1個100円。価格はリーズナブルですね。しかし、蜂楽饅頭価格表とあるのですが、50個買って5000円です。見ていると10個くらい買って帰る人もいます。

f:id:merrywhite:20210920090041j:plain



また、購入する時に、餡を黒か白で選べます。ちなみに夏はかき氷なども食べれます。ぜんざいも食べれるようです。

f:id:merrywhite:20210920090101j:plain

 



こちらが購入した「蜂楽饅頭」。

f:id:merrywhite:20210920090153j:plain



私は餡が好きなので、こういった和菓子はたまりません。久しぶりに食べた感想ですが、生地はモチモチで、餡の甘さがちょうどよくてこれは中々のレベルの回転焼きですね。

f:id:merrywhite:20210920090219j:plain



しかも出来立てで熱々なので、ホクホクしながら食べれます。いい甘さだなぁと感じるのも、蜂蜜のおかげでしょうか。これはまた食べたくなる一品でしたね~。以前、白あんも食べましたが味は黒餡のほうが美味しいです。


実家の広島の方だと、大判焼きとか、二重焼きとか言っていました。地方によって呼び方が違うんでしょうね。冬場は特に熱々の回転焼きが美味しいので、是非、食べてみてください。

【お店情報】

住所:福岡県福岡市早良区西新4-9-18-1
営業時間:10:00~19:00
日曜営業
定休日:火曜日、12/31~1/3
 
商品情報
名称/丹波栗あんまんじゅう、丹波大納言あずきまんじゅう
内容量/6個(各3個)
賞味期限/1ヶ月(要冷凍)
保存方法/商品到着後は要冷凍でお願い致します。
食べ方/自然解凍して、電子レンジで温める。
※お好みで、電子レンジで温めた後オーブンやフライパンで表面を軽く焼くと、外はカリッ、中はふっくらの焼き立て触感をお楽しみいただけます。
※解凍後は当日中にお召し上がりください。