ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

郵便物をその日に届ける方法は?到着までの最短日は?


生きていれば色々とありますが、例えば、会社の申請書だったり、色んな資料を明日中に到着させる必要があるのに、気づいたら夕方・・・というケースがあると思います。以前も、夜に作成した利用を日本郵便で、朝に出してなるべく当日に到着してある必要がでてきました。
 
 
しかし、時間はすでに17時前。しかも、明日は仕事・・・さらに、申請書は明日中に届けなければならない。ということで、当時、経験したのは、同じ関東ですが、千葉から東京に資料を送付するのにどれくらいかかるかを、郵便局のサポート窓口に連絡して確認してみました。


質問内容は、速達で千葉から都内への配達が間に合うかです。
 
 
結果、「明日への配達は、本日中に受け取りができれば間に合う」とのことでした。しかしながら、その日はあいにくの日曜日。その為、24時間空いている郵便局をサーチすることに。
 
 
そこで、郵便局のサイトで調べてもいいのですが、便利なサイト発見。
 
 
24時間営業している郵便局一覧(東京・大阪・福岡など47都道府県を完全網羅)というサイトです。
 
 
 
 
そして、近所の24時間空いている郵便局に電話したところ、24時間空いているが、17時で受け取りは終わったので、明日の到着は確約できないとのことでした。ちなみに、到着の目安は以下の郵便局のサイトで確認できます。
 
 

ちなみに、同一エリアで検索してみましたが、それでも翌日になりました。当日配達はなさそうです。

郵便物の種類 午前に差し出し 午後に差し出し
手紙はがき 翌日 翌日
大型郵便物 翌日 翌日
手紙はがき 翌日午前 翌日午前
大型郵便物
速達
配達時間帯指定郵便 翌日午前 翌日午前
レターパックプラス 翌日午前 翌日午前
ゆうパック 翌日午前 翌日午前
チルドゆうパック 翌日午前 翌日午前
冷凍ゆうパック 翌日午前 翌日午前
ゴルフゆうパック 翌日 翌日
スキーゆうパック
ゆうパケット 翌日 翌日
ゆうパケット 翌日午前 翌日午前
翌配ワイド


同一エリアで上記なので、明日の配達を間に合わせるためには、やはり、前日に発送するしかないということになります。


当時、「これを届けないと、会社に受理されず、出張費がもらえなくなる・・・」という状況だったので、そこで、窓口に明日都内に到着させるには、どうしたらいいかを聞きました。
 
 
すると、前日に発送すれば、「同じ地区の郵便局だったらおそらく問題ない」と言われました。
 
 
その為、急遽、18時から、新宿方面に向かうことにしました。個人的には、かなり焦っていたので、少し冒険的な気持ちになってきたのです!ピンチはチャンスですね。
 

 

結果、無事、24時間窓口に到着し、ミッションコンプリート。小さい怠けが、4時間のロスを生んでしまいましたが、いい勉強になりました。
 

ということで、郵便物を当日送ってその日にとどけるというのは難しいので、なるべく早く出すのが鉄則ですね。後、速達にすると「午前」と書かれている通り、少し早く到着させることができますので、少しでも早く到着させたい場合は、速達がおすすめです。ちなみに、、、速達にする場合は、その分の切手も貼るんですが、「赤字で速達」と書いてあげる必要があります。