ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

福岡天神 天然鯛焼 鳴門鯛焼本舗 外はこんがりで餡子が美味しくておすすめ

ふと、天神を歩いていたら、鳴門鯛焼本舗を発見!帰宅中によく通りかかるんですが、ついに食べることができました。ちなみに、私はこれまで神戸三宮、東京の浅草橋にあるお店を利用させてもらいましたので、今回で3か所目です。

f:id:merrywhite:20210429164238j:plain

Googleの口コミです。

 

「黒あん、芋あん、カスタードの3種類があり、手焼きでひとつひとつ丁寧に焼き上げられています。薄皮パリパリなのがいいですね。」

 

「芋もアンコのたい焼きを購入しました。
とても美味しくまた冷めてもオーブントースターで復活できると書いてあるので試しました。またサクッとした食感が楽しめてよかったです!」

 

持ち帰りでもさくっと楽しめるそうです。

 



お店は、天神駅の近くにあるので、利用しやすいです。

f:id:merrywhite:20210429164353j:plain



こちらのお店は、かなり混んでいるので、少し待ちますが、回転率が高いのですぐに買えます。ちなみに、ひとつずつ鯛焼きを焼くスタイルです。お店の鯛焼は1匹ずつ焼くのは天然物というらしいです。

f:id:merrywhite:20210429164411j:plain

 

たい焼きには2種類のタイプがあって、一つは、養殖モノ。そしてもう一つは、天然モノがあるんですが、その違いは、釜にあるそうです。 

 

 

養殖モノは生地を焼き型に流し入れて焼き、片側にあんこをのせて両側を合わせ、一度に多くを焼くもので、たい焼きブームで一度に大量に販売するために考えられたものだそうですが、これだけと皮がパリパリにならないそうです。つまり、ここの鯛焼きはパリパリを食べれるのです。

f:id:merrywhite:20210429164434j:plain



そして、久しぶりに食べたんですが、これがパリパリ!ただ、、、うーん、三宮や浅草橋で食べた時となんか印象が違うな~。

f:id:merrywhite:20210429164506j:plain



以前食べた二つのショップは、もう少し生地があった気がしていて、ここは記事が薄いですね。もちろん美味しいのですが、もう少し生地があってもいいのかな。ちなみに参考までに、以前、三宮で食べた時の写真です。

f:id:merrywhite:20210429164456j:plain



過去食べた時の感想もこんな感じです。

「外はぱりぱりなんですが、中はホクホク。餡もちょうどいい甘さ。」


福岡天神のは少し印象が違うのは、生地の厚みの違いではないかと思います。表面はパリパリ、そして、中はホクホクした感じだったと思います。餡子は相変わらず美味しかったです。福岡天神で美味しい天然ものの鯛焼きを食べたい方にお勧めのお店です。ご馳走様でした。

 



【個人評価】
★★★★★★★☆☆☆(7点)

【お店情報】

店名 天然鯛焼 鳴門鯛焼本舗 福岡天神店
ジャンル たい焼き・大判焼き
住所 福岡県福岡市中央区天神2-9-101
営業時間 10:00-23:00