ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ESXi6で異なるタイプの仮想スイッチ間で仮想マシンのvMotionが可能

古くから仮想基盤を利用しているケースでは、仮想基盤の移行作業なんかが発生するのではないでしょうか。


ちなみに、かなり古いバージョンのESXiでもストレージvMotionって利用できるんですね。これまで仮想マシン移行ってP2VとかV2Vなんかを想定していましたが、ストレージへの接続ができれば、ストレージvMotionで仮想マシンの移行ができます。


そして、ESXi6では異なるタイプの仮想スイッチ間で仮想マシンのvMotionが可能だそうです。かなり便利になりましたね。


参考はこちら。
速報!VMware vSphere 6.0 新機能の概要


VMware vSphere vMotion(以下 vMotion)
vMotionについては、主に下記点で機能強化・改善が行われております。


・Cross vSwitch vMotion(別の仮想スイッチへの移行)・・・異なるタイプの仮想スイッチ間で仮想マシンを移行が可能です、但しDistributed Switch から標準スイッチへの vMotionは不可となります。(標準から標準または Distributed Switch に、および Distributed Switch から別の Distributed Switch に仮想マシンを移動することができます。)

・Cross vCenter vMotion(別のvCenter Server システムへの移行)・・・異なる vCenter Server インスタンス間で仮想マシンを移行。

・Long Distance vMotion(長距離 vMotion 移行)・・・ネットワークの最大往復待ち時間は 100 ミリ秒までの環境下で仮想マシンを移行。

・vMotion ネットワークの柔軟性の向上・・・vMotion TCP/IP スタックを使用して、vMotion のトラフィックを隔離し、このトラフィックの専用デフォルト ゲートウェイ、ルーティング テーブル、および DNS 構成を割り当て可能。


vMotionの機能が強化されています。特にCross vSwitch vMotionは便利ですね。但しDistributed Switch から標準スイッチへの vMotionは不可とのこと。まぁ、vDSで構成している環境で、vDSからvSSに移行することってまずないですからね。


意外と忘れそうな機能なので、備忘録代わりに。