ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

セブンイレブン なごやめし 夏限定!台湾ラーメンを食べた感想

セブンイレブンカップラーメンをチェックしていたら、新しいシリーズが登場していたので、早速、購入してみる事にしました。


購入した商品はこちら。夏限定刺激的辛さ 台湾ラーメンです。名古屋オリジナル 激辛ラーメンとあります。

f:id:merrywhite:20211026074246j:plain



ちなみに、台湾ラーメン、名古屋と調べてみると、台湾ラーメンって、名古屋発症のラーメンだったみたいです。それで「なごやめし」とあるんですね。単純に台湾でよく食べられているラーメンという訳ではなく、実際に台湾には同じラーメンはないそうです。


情報元はこちら。
>>元祖台湾ラーメン

麺(めん)の上にいためたひき肉とニラがどっさり載り、スープは鶏ガラ。そして、たっぷりの唐辛子。店によって差はあるものの、これが台湾ラーメンの標準的なスタイルだ。
 
口に入れた瞬間、激しい辛さが襲ってくる。最初は涙ぐみ、せき込んでしまうことも…。だが、何度か口に運び、慣れてくると、この刺激が癖になる。

台湾ラーメンの元祖は名古屋市千種区今池一の中国台湾料理店「味仙」だといわれている。30年ほど前、同店の主人郭明優さん(60)が台湾で小皿に盛って食べる「台仔(たんつー)麺」を、激辛にアレンジして出したのが最初という。
郭さんが台湾出身であることから台湾ラーメン命名した。当の台湾には似た麺はあっても、同一の激辛ラーメンは存在しないという。


へぇ~そうなんだ~という感じですね。以前、お店で食べた台湾ラーメンは、確かに、ひき肉、ニラがたっぷり入った鶏ガラスープでしたが、ここからスタートした日本発祥のラーメンだということです。


そして、こちらが開封後です。

f:id:merrywhite:20211026074259j:plain



液体スープ、かやく、スープの素の三つが入っています。

f:id:merrywhite:20211026074308j:plain



カロリーは350kcalとカップラーメンの中では低カロリーな感じがしますね。

f:id:merrywhite:20211026074315j:plain



かやく、かやく入りスープを入れ、お湯を注ぎます。

f:id:merrywhite:20211026074325j:plain



そして、4分間耐え忍びます。この時間が長いんですよね。

f:id:merrywhite:20211026074336j:plain



そして、液体スープを注げば完成!

f:id:merrywhite:20211026074347j:plain



ちょっとかき混ぜてみました。いい感じで味が出てそうですね。

f:id:merrywhite:20211026074356j:plain



食べた感想ですが、スープはピリ辛で麺との相性も悪くなくて、味はまぁまぁという感じです。

f:id:merrywhite:20211026074405j:plain



ミンチがたっぷり入っているのもいいですね。ただ、お店で食べる台湾ラーメンと一緒かというと、味がちょっと違う気がしました。


お店で出る台湾ラーメンは、スープは鶏ガラで透明感があって、鷹の爪でピリ辛にしている感じですかね。これは、以前、東京の代々木にある「曽さんの店」で食べた台湾ラーメンの写真です。ここのお店は、みんちが少な目でした。

f:id:merrywhite:20211026074413j:plain



まぁ、カップラーメンなので、味はこんなもんかなぁと思います。台湾ラーメンが好きな方は、一度食べてみるのありかと思います。夏こそ辛い物が食べたいという方にオススメですね。


ただ、本気で辛いものが食べたい場合は、蒙古タンメン中本が最強です。私、ちょっと辛い物が好きなんですが、辛すぎて全部、食べれませんでした。。。本当に辛い物が好きな人向けのラーメンでした。苦手な方は、ちょっと覚悟がいるかもしれません。

 

味仙 元祖 台湾ラーメン 3個~12個 (3個セット)