ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

専業主夫をヒモとして描写した漫画「ヒモザイル」が炎上しているらしい

f:id:merrywhite:20210926103100j:plain



みなさんは「ひも」で生活をしている人に対してどんなイメージを持つでしょうか。専業主夫をヒモとして描写した漫画「ヒモザイル」が炎上しているそうです。

この話は、漫画家 東村アキコさんが、”ダメ男たちをサルベージ! 立派な「ヒモザイル」へと育て上げ、稼ぎのよいアラサー女性のもとへと送り込む。”という内容ですが、SNSで炎上した結果第2話で休載することになったそうです。



ネット上では「独身女性を見下している」「主夫をヒモ呼ばわりって…」など、“上から目線”を批判する書き込みが多く見られましたそうです。


実際、私の知人にひもで生活をしている人がいます。その人は彼女の指示でひもになったそうで、ルックスは飲み屋さんをしていただけあって、わりとイケメンです。


そして、女性は外で働くと何をするか分からないということで、ひもにしたようです。ひもの生活ってうらやましいのかと思ったのですが、実はそうではなく、色々と問題があるようです。


・将来が不安
実際にひもの人は意外と考えないかもしれませんが、ひも生活がいつまでも続くとは限りません。結婚までして、奥さんが稼ぎまくっているなら別ですが、普通は長くは続かないでしょう。


私の知人も彼女が夜の仕事をしているから、ある程度の収入がありますが、年齢を考えるとそれもいつまで続くか分かりません。いつかひも生活も終焉を迎えるでしょう。その時に、まともに仕事をしていなかったら、仕事を探すのも大変です。


将来が不安なのがひも生活なのです。


・お金が自由にならない
彼女がそうとう稼ぎまくっていて、お小遣いをたっぷりもらえない限りは、自由になるお金が少ないかもしれません。私の知人もお小遣いはなく、自由になるお金は少ないそうです。


その為、基本はその人と遊ぶときは、私たちがおごっていました。お金が自由にならないのは苦痛ではないかと思います。労働は大変ですが、その対価として給料がもらえます。


これがある意味、頑張った分のご褒美ですよね。お金が自由にならないのは意外とストレスになるのではと思います。簡単に飲みにいくこともできなくなりますからね。


・束縛がひどい
彼氏をひもにするくらいですから、女性によっては束縛がひどい場合があるかもしれません。私の知人については、大事なDVDなどもすべて捨てられたそうです。


もちろん、浮気なども原則禁止です。まぁ、世の女性からしたら当たり前からもしれませんが。そして、とにかく束縛がひどいので、束縛に耐えられない場合は、これもストレスの一つになるかもしれません。


と、ひも生活は意外と苦痛が多いということが私の知人を通じて知ることができました。また、炎上した漫画にある、専業主夫というキーワード。


専業主夫自体は決して悪いことではないはず。2013年の国勢調査によると、国民年金第3号被保険者として女性の扶養に入っている男性は全国で11万人いるそうです。



女性進出が増える中で、こういったライフスタイルは増えていく可能性がありますね。特に女性でスキルが高い人もたくさんいるので、男性以上に仕事ができるなんて人もいると思います。


以前の職場でも、システムエンジニアでスキルの高い女性がいましたが、バリバリ稼げて、仕事に充実を感じているのであれば、女性が仕事を継続し、男性が専業主夫になるなんてこともアリだと思います。


世の中は、男性が働くのが当たり前となっていますが、夫婦間でそれでいいと思うのであれば、自由だと思いますけどね。特にそれで生計がなりたっているのであれば、全く問題ないと思います。


それに、専業主夫をする事で、女性の大変さも分かるかもしれませんしね。


専業主夫とひもというキーワードをくくりつけたことによって炎上したのかもしれませんが、専業主夫という生き方も、これからも時代を象徴する新しい生き方ではないでしょうか。
 
レビューにもありますが、世間の声って怖いですね。
 
この号から始まる東村アキコの「ヒモザイル」ですが、なんと次号の2話目を最後に打ち切りとなります。内容は作者の周辺の結婚できない独身女性(キャリアウーマン)たちと、作者のアシスタントの独身男性(将来の見通しの立たない人)たちをカップリングさせるべく、男性を優秀なヒモとして育てる実録漫画になる予定でした。一般公募もして盛り上げていく計画だったようです。
でも「ヒモ」という言葉の扱いがまずかったのか、世間から非難が殺到。あっけなく終了してしまいました。雑誌としても新たな目玉として期待されていただろうに非常に残念です。こういう面白い企画が潰されてしまう出版業界に不安を覚えます。
 
テレビもだんだん自由が亡くなっているみたいですし。



モーニング・ツー、新連載攻勢夏の陣! 表紙&巻頭カラーは、東村アキコの新プロジェクト・新連載『ヒモザイル』! 井田万樹子の産卵ギャグ『海ガメたま子ちゃん』新連載! 石川雅之『惑わない星』もカラーが6p分付きます! 月刊モーニング・ツー2015年10月号、電子配信版です。