ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

WAN越えのWindowsUpdateの帯域問題を「他の PC からのダウンロードを許可する」で解決できるか

WAN越えのWindowsUpdateの帯域問題を「他の PC からのダウンロードを許可する」で解決できるかという内容です。

 

WindowsUpdateは昔からインターネットの帯域を浪費する問題の一つになっています。そのため、会社ではWSUSを構築することになります。

 

ただ、拠点がたくさんある場合で、WAN越えで同じようなことを行おうとする場合は、当然、拠点からの大量トラフィックが発生する為、問題になります。

 

LAN内であればいいのですが、このような場合に、WAN越えのWindowsUpdateの帯域問題を「他の PC からのダウンロードを許可する」で解決できないかなと思ったわけです。

 

こちら

Windows Update の配信の最適化とプライバシー

 

 

以下は抜粋です。

 

===

配信の最適化の仕組み
Windows Update配信の最適化は、ローカル ネットワーク上の他の PC や、同じファイルをダウンロードしているインターネット上の PC など、Microsoft に加えて、ソースからWindows更新プログラムとMicrosoft Store アプリを取得できるようにすることで機能します。 配信の最適化では、設定に基づいて、PC からローカル ネットワーク上の他の PC またはインターネット上の PC に更新プログラムとアプリも送信されます。 PC 間でこのデータを共有すると、複数のデバイスを最新の状態に保つために必要なインターネット帯域幅を減らすか、インターネット接続が制限されている場合や信頼性の低い場合にダウンロードが成功する可能性があります。

 

Windows配信の最適化を使用して更新プログラムまたはアプリをダウンロードすると、その更新プログラムまたはアプリを既にダウンロードしたローカル ネットワーク上の他の PC (または設定に応じてインターネットから) が検索されます。 ファイル全体が 1 箇所からダウンロードされるのではなく、 より細かい単位に分割されてダウンロードされます。 Windows更新プログラムまたはアプリの一部を、それを持つ PC から取得し、Microsoft からパーツを取得します。 その細かく分割されたデータごとに最も高速で信頼性の高いダウンロード ソースが Windows によって判断されます。

配信の最適化はローカル キャッシュを作成し、ダウンロード済みのファイルをそのキャッシュに短期間保存します。

===

 

ちなみに、ローカルキャッシュサーバになった場合は、余分にディスク容量が必要になるようなので、選定などが必要かもしれません。これで拠点がLAN経由でのアップデートになれば、拠点側にWSUSを構築することなく、帯域の負荷を軽減できそうです。要検証ですが。

 

2021 Apple iPad mini (Wi-Fi, 64GB) - スターライト