ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

アルコール、お酒による肌の老化、しわはスキンケアで改善しない、効果が薄い

f:id:merrywhite:20201212155928j:plain

 

最近知ったのですが、アルコールって皮膚の健康状態によくないどころか、肌に悩みがあるなら禁酒したほうがいいと思います。

 

私もお酒が好きで、毎日かなりの量を飲んでいましたが、体調が明らかによくないので、ようやく禁酒を開始しました。

 

健康診断の数字は悪いのは悪いのですが、そこまでと思っていましたが、最近、完全に調子がおかしいのが顔色です。朝起きた状態がすでに病気のような感じがしました。

 

朝は本来、疲れを睡眠でとって一番コンディションがいいはずなのに、すでに疲れているのです。

 

つまり、明らかに疲労しています。これは肝臓の疲労だということに気付きました。というのも、以前と違い、こんな症状が起こるようになりました。

 

・お酒を飲むとすぐに眠くなる

・目の下の皮膚の小じわが増えた

・皮膚のしわがこくなった

・肌が乾燥気味

・のど、口が渇く

疲労感がとれない

・寝ても疲れている

・目の下の黒いクマ

 

特に顔の老化がひどくて、一気に老け込みました。ここまで老け込んだのは最初は理由はわからず、年齢によるものかと思いましたが、深いしわができたわけではないのに、皮膚が渇いた感じがして、こまめにスキンケアをしていましたが、大きな効果、改善はありませんでした。

 

そこで、肝臓が影響しているのではといろいろと調べてみました。

 

肝臓の酸化が全身の老化に直結! | サントリー健康情報レポート

 

怖いのは肝臓にたまった脂肪が酸化すること
 タフで働き者の肝臓も、活性酸素が増え続けることで、その機能が低下していく心配があります。特に気をつけたいのは、食べ過ぎ飲み過ぎや運動不足などの生活習慣によって余分な中性脂肪が増える「脂肪肝」です。
 脂肪肝がやっかいなのは、たまった脂肪に活性酸素が結びつくと、有害な脂質(過酸化脂質)に変質してしまう恐れがあるからです。
 健康な肝臓は、無数の毛細血管がきれいに張り巡らされた〝血液の塊〟ですが、「脂肪肝」になると、泡のように膨らんだ中性脂肪が細胞に入り込み、毛細血管を圧迫します(右写真)。これらの脂肪が酸化されれば、肝臓は炎症を起こしやすくなり、肝機能はさらに低下します。

 

放置していると肝臓も全身も危ない!
 日本人の脂肪肝はここ10年間で急増。現在、成人の約3人に1人が脂肪肝ともいわれていますが、脂肪肝や慢性肝炎は発症しても自覚症状がほとんどないため、放置している人が少なくありません。しかし、肝炎が進行すれば、肝硬変、さらに肝がんへと進んでしまう危険があります。
 また、肝臓に多く集まる血液や血管も活性酸素によるダメージを受けるため、動脈硬化が加速します。全身の老化も、多くの生活習慣病も、すべて血管の老化=動脈硬化がその始まり。つまり、肝臓で発生した活性酸素の害は、そのまま全身におよんでしまうということです。

 

肝臓って沈黙の臓器なのですが、実は体に異変がでることがわかりました。

 

 

体の異変を感じたというのもそうですが、禁酒をすることで皮膚の改善がみられました。

 

まず、顔色がよくなりました。禁酒して1日は特に大きな変化は感じませんでした。2日目にちょっとよくなってきたかな?というレベルで、これまた特に変化は感じず。

 

長期にわたって飲酒してきたこともあってか、すぐに改善は見られませんでした。肌質が明らかによくなかったのが禁酒5日目からです。

 

肌が明るくなって、しわが少し目立たなくなりました。先ほどのサイトに食事の重要性も書かれています。

 

いろいろな食品から幅広く、持続的に
 その代表が、天然の抗酸化成分といわれているごま、玄米、ぶどう、緑茶などに含まれるポリフェノール類。野菜や果物に含まれるビタミンA・C・Eは抗酸化ビタミンと呼ばれています。
 これらの抗酸化成分は、すぐに働いて活性酸素を除去するもの、肝臓まで届いてから酵素の働きを高めるものなど、役割はそれぞれ違います。ですから、いろいろな食品から幅広く、持続的に補給することがポイントです。
 また、フル活動で疲れた肝臓をいたわり、血流を良くしておくために、十分な睡眠と適度に体を動かすこともお忘れなく。

 

自分はお酒に強い、まだ大丈夫とか考えていましたが、肝臓へのダメージは蓄積されていきます。

 

私は平日は飲まないようにすると決めました。ここからどこまで皮膚のコンディションが回復するかは別途、ブログ経由で報告しようと思います。

 

最近は男性もアンチエイジングを意識している人が増えていると思いますが、肌のケアは外部からだけじゃなくて内部からもというのがすごく大事です。

 

肝臓の数値が高い方は、アルコールを飲んでもいい、駄目の判断ではなく、よりよいコンディションのために、飲むのを控えるというのが正解ですね。

 

肝臓のためといえば、やっぱりオルニチンが有名ですね、その他、アルコールの分解でビタミンBも使うようなので、こちらもおすすめです。

 

商品紹介
●肝臓エキスにしじみ900個分のオルニチンをプラスした肝機能対策サプリメント
●アルコール飲む機会が多い方の健康に