ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Microsoft資格情報ローミング環境下でCitrixProfileManagerを構成する方法

Microsoft資格情報ローミング環境下でCitrixProfileManagerを構成する方法についての情報になります。

 

情報元はこちら。

How to Configure Citrix Profile Manager when Microsoft Credentials Roaming is Used in the Environment

 

対象製品
XenApp 6.5 XenApp 6.0 for Windows Server 2008 R2 XenApp 5.0 for Windows Server 2008

 

Microsoft CredentialsRoamingやMicrosoftWindows Data ProtectionAPIに依存するソフトウェアが環境で使用されている場合にCitrixProfileManagerを構成する方法について説明になります。

 

 

Citrix Profile Managerは、Microsoft資格情報ローミングなしで使用されます
Citrix Profile ManagerをMicrosoft資格情報ローミングなしで使用する場合は、オペレーティングシステムのバージョンに基づいて、次のフォルダーを同期するように構成する必要があります。

Windows XP / Windows 2003:

 

Application Data\Microsoft\Crypto

Application Data\Microsoft\Protect

Application Data\Microsoft\SystemCertificates

 

Windows Vista以降:

 

AppData\Roaming\Microsoft\Credentials

AppData\Roaming\Microsoft\Crypto

AppData\Roaming\Microsoft\Protect

AppData\Roaming\Microsoft\SystemCertificates

 

Microsoftのリンク「資格情報ローミングトラブルシューティング」に記載されているように、WindowsXPおよびWindows2003のこれらの場所がフォルダーリダイレクト用に構成されていないことが重要です。

これにより、Windows Data ProtectionAPIに依存するソフトウェアが正しく機能するようになります。

 

 

Citrix Profile Managerは、Microsoft資格情報ローミングで使用されます
Citrix ProfileManagerをMicrosoftCredential Roamingとともに使用する場合は、オペレーティングシステムのバージョンに基づいて、次のデータを除外するようにCitrix ProfileManagerを構成する必要があります。

 

Windows XP / Windows 2003:

Application Data\Microsoft\Crypto

Application Data\Microsoft\Protect

Application Data\Microsoft\SystemCertificates

 

Windows Vista and later:

AppData\Roaming\Microsoft\Credentials

AppData\Roaming\Microsoft\Crypto

AppData\Roaming\Microsoft\Protect

AppData\Roaming\Microsoft\SystemCertificates