ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows7 スタートメニューの保存場所と不要なショートカットの削除

Windows7でよく使うアプリケーションなどはスタートメニューから起動することが多いと思いますが、不要なスタートメニューを削除したい場合があると思います。


逆に、スタートメニューに追加したい項目もあるかもしれません。そこで、Windows7のスタートメニューの場所を紹介します。


Windows7スタートメニューの場所】
Windows7にログインします。
②「ローカルディスク(C)」→「ProgramData」→「Microsoft」→「Windows」→「スタートメニュー」→「プログラム」の順にクリックします。
③不要なショートカットを削除します。


ちなみに、直接エクスプローラーなどで入力する場合は、以下を入力します。

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\


また、「ProgramData」は通常表示されないので、以下の設定をすると、表示されるようになります。


【隠しフォルダの表示方法】
①「スタート」メニューから「コントロールパネル」→「小さいアイコン」→「フォルダ オプション」を開きます。
②表示タブをクリックします。詳細設定の「ファイルとフォルダ表示」の項目の「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェックを入れます。


以上で隠しフォルダも表示されるようになります。


仮想環境などで、XenAppなどで仮想デスクトップを構築する場合に、ユーザーに表示させたくないショートカットがスタートメニューにある場合に、本設定などを実施することがあります。


上記の場所はWindows Server 2008 R2も同様になります。不要なショートカットをスタートメニューから削除したい場合は参考にしてみてください。