ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ESXiとゲストOSとの時刻同期を完全無効化する方法

最近はESXi上にゲストOSを作成した時に、時刻同期はデフォルトで無効になっています。VMwareではゲストOSはESXiではなくNTPサーバーなどと時刻同期をするのが推奨みたいですが、以前構築したゲストOSなどではESXiとの時刻同期が有効になっている場合があります。


その場合の時刻同期を完全無効化する方法を紹介します。


時刻同期を完全無効化する方法は以下のKBに紹介されています。

>>時刻同期の無効化 (2076744)(VMware)


サイトにもありますが、以下の手順で時刻同期を無効にしても完全には時刻同期は無効になっていません。

仮想マシン設定の編集をクリックし、オプションタブのVMware Toolsの項目で、「ホストとゲスト時間を同期」のチェックをはずす。
 
VMware Tools のコントロール パネルで、[時刻同期] チェックボックスはオフになっていますが、次のようなシンプトムが発生することがあります。
仮想マシンサスペンドする場合、その仮想マシンを次回レジュームするときに、ホストに合わせて時刻が同期されます。
時刻は、vMotion を使用した仮想マシンの移行、スナップショットの作成、スナップショットの復旧、仮想ディスクの圧縮、または仮想マシンでの VMware Tools サービスの再起動(仮想マシンの再起動を含む)を行うときに再同期されます。


その為、時刻同期を完全に無効化したい場合は以下の手順を実施します。


●vSphere Client を使用して構成パラメータを追加する
①vSphere Client のインベントリで仮想マシンを選択し、パワーオフします。
②[サマリ] タブで、[設定の編集] をクリックします。
③[オプション] タブをクリックし、[詳細]の [全般] をクリックします。
④[構成パラメータ] をクリックしてから [行の追加] をクリックして、次の情報を追加します。
名前
tools.syncTime 0
time.synchronize.continue 0
time.synchronize.restore 0
time.synchronize.resume.disk 0
time.synchronize.shrink 0
time.synchronize.tools.startup 0
time.synchronize.tools.enable 0
time.synchronize.resume.host 0



●vSphere Web Client を使用して構成パラメータを追加する:
①vSphere Web Client のインベントリで仮想マシンを選択し、パワーオフします。
仮想マシンを右クリックし、[設定の編集] を選択します。
③[仮想マシン オプション] タブをクリックします。
④[詳細] オプションを展開します。
⑤[構成パラメータ] で、[構成の編集] をクリックします。
⑥[行の追加] をクリックし、次の情報を追加します。
名前
tools.syncTime 0
time.synchronize.continue 0
time.synchronize.restore 0
time.synchronize.resume.disk 0
time.synchronize.shrink 0
time.synchronize.tools.startup 0
time.synchronize.tools.enable 0
time.synchronize.resume.host 0



他にも仮想マシンの .vmx ファイルに構成オプションを追加する方法が紹介されていますが、vSphere Web Client、vSphere Clientで設定したほうが分かりやすいと思います。


特にActive Directoryのような正確な時刻同期が必要なゲストOSの場合は、NTP同期するほうが好ましいですね。


以前の職場で、Active Directory仮想マシンではなく、物理サーバーで構築すべきという議題が上がりましたが、これまで仮想マシンで構築した実績が多くあり、トラブルもないので、仮想マシンで構築で問題ないと思います。


ただ、スナップショットなどのリストアで問題が起こることが多いので注意が必要です。