ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ESXi Apple Mac OSとWindowsの仮想マシン作成時のデフォルトのコントローラ タイプの違い

ESXi Apple Mac OSWindows仮想マシン作成時のデフォルトのコントローラ タイプの違いについての情報になります。あんまり意識していない人もいるかもしれませんが、仮想マシンを選ぶ際のOSの種別によって、仮想マシンのパラメータが異なります。

 

情報元はこちら。

https://docs.vmware.com/jp/VMware-vSphere/5.5/com.vmware.vsphere.hostclient.doc/GUID-5872D173-A076-42FE-8D0B-9DB0EB0E7362_copy.html

 

仮想マシンは、仮想コントローラを使用して、仮想ディスク、SCSI、および CD/DVD-ROM デバイスにアクセスします。コントローラを追加したり、コントローラ タイプを変更したりすることができます。SCSI コントローラでは、仮想マシンのバス共有を選択できます。

仮想コントローラは、BusLogic パラレル、LSI Logic パラレル、LSI Logic SASVMware 準仮想化 SCSISATA など、さまざまなコントローラとして仮想マシンに認識されます。

 

仮想マシン作成時のデフォルトのコントローラ タイプはゲスト OS とデバイス タイプによって決まり、最高のパフォーマンスが得られるように最適化されます。たとえば、Apple Mac OS X仮想マシンを作成する場合、ハード ディスクと CD/DVD ドライブのデフォルトのコントローラ タイプはどちらも SATA です。Windows ゲストの仮想マシンを作成する場合は、SCSI コントローラがハード ディスクのデフォルトで、SATA コントローラが CD/DVD ドライブのデフォルトです。

 

 

 

仮想マシンは、4 つの SCSI コントローラと 4 つの SATA コントローラを含む、最大 8 つのコントローラを持つことができます。デフォルトのコントローラには番号 0 が割り当てられます。仮想マシンを作成すると、デフォルトのハード ディスクがデフォルトのコントローラ 0 のバス ノード(0:0)に割り当てられます。

 

仮想コントローラを追加すると、それらには順に 1、2、3 の番号が割り当てられます。仮想マシンの作成後にハード ディスク、SCSI、または CD/DVD-ROM デバイス仮想マシンに追加すると、デフォルトのコントローラ上の使用できる最初の仮想デバイス ノード(たとえば(0:1)など)に割り当てられます。

 

コントローラを追加すると、既存または新規のハード ディスクやデバイスをそのコントローラに再割り当てできます。たとえば、デバイスを(1:z)に割り当てられます。ここで、1 はコントローラ 1 を示し、z は 0 ~ 15 の仮想デバイス ノードを示します。

 

デフォルトでは、仮想コントローラは、仮想デバイス ノード(z:7)に割り当てられるため、そのデバイス ノードはハード ディスクまたは他のデバイスには使用できません。

 

Windowsの仮想デバイスはデフォルトでは最高パフォーマンスが出せないので、そこが注意ですね。以前、パフォーマンステストをした情報を見ましたが、E1000とVMXNET3で倍くらいのパフォーマンスの違いがありました。

 

Windowsの場合は、他にも色々と制限があるので、仮想マシン展開時には注意が必要です。