ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

約8,000名の受講生と80社以上の導入実績!現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp

私はインフラエンジニアとして10年以上のキャリアがあるのですが、この仕事は意外と稼ぎにくいですし、自分で稼ぐのが難しいですね。


インフラは機器があってから構築がスタートするので、どうしても副業で稼ぎにくい。自分でシステムを作れる開発系エンジニアの方が圧倒的に稼ぎやすいと思います。


私の知人で開発系エンジニアがいるのですが、年収2000万円を超え、ノマドスタイルで活動している方がいます。まさに勝ち組です。


これも雇われるエンジニアではなく、自分で仕事を作り出すフリーランスになったからこそ、得た実績だと思います。


こういった話を聞くと、私ももう少し実力があったら、開発系エンジニアになればよかったと思うのですが、自分の能力を考えると今が限界ですかね。。。


さて、これから開発系エンジニアになりたい、もっとスキルを高めたいと考えている方にオススメのサービスが現役エンジニアによるオンラインプログラミングスクール【CodeCamp】です。

>>現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp

f:id:merrywhite:20201217105701j:plain

 

現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCampは、現役エンジニアによるプログラミング家庭教師サービスで、オンライン上でマンツーマンでレッスンが受けられるので、いつでもどこからでも学習ができるのが最大の特徴です。

 
サービスを開始してから2年ほどが経過しますが、2016年1月時点ですでに累計受講者で8,000名を超えていて、様々な方が受講しています。

 
また、毎月数百名が新規で受講開始していて、、法人の企業研修での導入も80社と多くの企業に利用されている人気のサービスです。


CodeCampでは、ビデオ通話を利用した、現役エンジニアによるマンツーマンレッスンが全国どこでも受講できます。その為、レッスンは毎日10時~23時40分まで開講。忙しい社会人でも確実にプログラミングを習得する事ができます。


ビデオ通話を利用したサービスで、場所を選ばないというのが 人気の理由で、オンラインでいつでもどこでも自分のペースでプログラミングを学ぶことができます。

 
場所や時間にとらわれることなく学習できるため、忙しい社会人でも自宅や勤務先から受講することができます。


また、講師も大手IT企業出身など、経験十分な現役エンジニアが指導してくれるので、安心して利用する事ができます。

講師はフリーランスエンジニアの方を中心とした、現役エンジニアが担当します。過去に大手IT企業勤務経験がある方も多く、現在もフリーで活躍するエンジニアの方々です。既存スクールでは数年前に作成されたカリキュラムや動画教材で、実務経験の浅い講師がレッスンを担当しているのが実情です。

 
CodeCampは、実践的なカリキュラムにこだわり、講師も豊富な実務経験を有するエンジニアのみを、書類選考→面接→模擬レッスンなどの過程を通して、厳選採用しています。

 
また、無料体験レッスンを通じてCodeCampのクオリティを体験できるので、実際に使ってみてから継続などを検討する事もできます。


ちなみに、以前勤めていた企業で教わったのですが、企業がこういったスクールなどを利用する場合、国から補助金がでるので、セミナーなどでエンジニアを育ているというのも一つですね。


特に新人エンジニアを育ているのは、最初は色々と社員の負担になるので、こういったサービスを活用するのも一つです。


これからエンジニアスキルを高めたいという人、企業の方は、 現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCampをチェックしてみてください。


>>現役エンジニアのオンライン家庭教師CodeCamp