ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Hyper-V 共有フォルダに仮想マシンを配置して、有効、無効した場合の動作

Windows Server 2016で構築したHyper-V 共有フォルダに仮想マシンを配置して、有効、無効した場合の動作についての記事になります。

 

Hyper-VWindowsなので、よく使うファイル共有が使えますが、仮に仮想マシンを共有フォルダにおいてしまって、無効化した場合に仮想マシンの動作に影響を与えるかです。


通常、こんなことはしないと思いますが、何かしらのオペレーションミスなどで、共有フォルダに誤って仮想マシンを配置してしまったら、運用中に無効化できるかということですが、実際に試したところ、問題なく無効化できました。


共有フォルダを無効化するときにポップアップで、ユーザーが利用していてセッションが切れる旨が表示されますが、Hyper-V的には影響がなかったです。


共有フォルダの影響は、ローカルは影響を受けないのかもしれませんね。仮想マシンディスクイメージから仮想マシンを作成することがあるかと思いますが、そこが共有フォルダでも問題なく起動できますし、使用可能です。