ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ディスクリートデバイス割り当て機能でNVMeデバイス割り当て時のトラブル

ディスクリートバイス割り当て機能でNVMeデバイス割り当て時のトラブルについてのメモ。

 

NVMe デバイスを実行している VM に取り付けるとデバイスが列挙されない

Dell EMC PowerEdgeシステム用Microsoft Windows Server 2016 重要情報ガイド

 

以下はサイトの抜粋。

----
NVMe デバイスを実行している VM に取り付けるとデバイスが列挙されない

説明:
NVMe デバイスディスクリートバイス割り当て(DDA)機能で仮想マシンに取り付けられているときに、NVMe デバイスをホットリムーブしてホットプラグすると正常に列挙されません。

解決策:
NVMe デバイス仮想マシンに取り付け直します。
次の手順を実行して、NVMe デバイス仮想マシンに取り付け直します。
管理者権限で Power Shell を開きます。
バイスをホットプラグした後に、 Get-PnpDevice を実行してデバイスを識別し、ロケーションパスを取得します。
以下のコマンドを実行して、VMHost 割り当て可能デバイスを取り外します。
Remove-VMAssignableDevice –locationpath $locationpath –VMName “VM-Name”
$localtionpath は、手順 2 のロケーションパスで、VM-Name はデバイスが取り付けられた VM の名前です。

以下のコマンドを実行して、VM を取り付け直します。
Add-VMHostAssignableDevice –locationpath $locationpath –VMName “VM-Name”
----


そもそも、ディスクリートバイス割り当て(DDA)という言葉自体が浸透してなくて、検索してもどういった機能なのか理解できていないので、勉強が必要ですね。何気に使っている機能をしっかり理解するのは大事です。