ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

McAfee VirusScan Hyper-V Cannot access the settings for the selected virtual machine

McAfee VirusScanを使用している環境で、Hyper-VでCannot access the settings for the selected virtual machineなどのエラーがでることがあるようです。これは、Hyper-Vを利用しているWindows上でウイルス対策ソフトのリアルタイムスキャンが影響して発生する問題になります。

 

詳細はこちら

Windows Serverで稼働する Hyper-V システムが、起動できない / 編集できない / 作成できない

https://kc.mcafee.com/corporate/index?page=content&id=KB78364&actp=null&viewlocale=ja_JP&locale=ja_JP

 

以下は抜粋です。

 

環境
McAfee VirusScan Enterprise (VSE) 8.8
Microsoft Windows Server 2012 Standard
Microsoft Windows Server 2012 Datacenter
Microsoft Windows Server 2008

 

問題
Windows Server を実行しているコンピューターで Hyper-V 仮想システムを作成、開始、または、編集しようとすると、次のエラーのいずれかが発生します:

Cannot access the settings for the selected virtual machine.

An error occurred trying to find the virtual machine
The computer 'xxxx' failed to perform the requested operations because it is out of memory or disk space.

 

原因
この問題は、Hyper-V 仮想システムに必要な Windows Server の VSE除外設定がないために発生します。

 

環境によっては、VM テンプレートに関連する (.xml) ファイルとやり取りする特定のプロセスが (.xml) ファイルがスキャンされる原因である可能性があります。 これにより、.xml ファイルに対して適切に読み取りやスキャンがされたとしても、配備に失敗する可能性があるそうで、Microsoft の推奨するすべての除外を実装 (上記 解決策 1 参照) しても、展開に失敗する場合は、(xml) タイプを除外してくださいとのこと。

 

推奨される除外設定は以下になります。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/3105657/recommended-antivirus-exclusions-for-hyper-v-hosts

 

McAfee VirusScan Enterpriseにかかわらず除外設定は必要ですね。