ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

日焼け止めに関する誤った知識!SPF値が高ければいいというのは間違い

 

徐々に気温も暖かくなってきて、もうすぐ気付けば夏という季節になりますね。


一番好きな季節と言われたら、やっぱり過ごしやすい秋なんですが、夏は気分的に開放的になって悪くはないのですが、汗かきの私にとってはある意味地獄の季節でもあるのです。


さらに、夏場は蚊も出ますし、あのストレスは半端ないですよね~。


ただ、夏のご褒美と言えば、やっぱりキンキンに冷えたビールが最高に美味しい季節になります。と楽しみもあるのですが、女性にとって気になるのがやっぱり紫外線ではないでしょうか。


美容の大敵の一つである紫外線が最も強くなるのが夏ですが、日焼けを抑える為に行う紫外線対策で誤った知識を持たれている場合があります。


情報元はこちらです。
>>それってスキンケアの都市伝説 いっそやらないほうがマシ!な紫外線対策(エキサイトニュース)


記事によると、日焼け止め商品で市場に出ている一番高い数値であるSPF50を塗っておけばOKではなく、数値が高いほど、肌にかかる負担が大きくなるそうです。


以前、嫁も数値が高いほど効果があると言っていましたが、それはちょっと誤解という事ですね。記事によると、これは顔が真っ白になるくらい日焼け止めを塗った場合の目安で、いつもの使い方では数値通りの効果が期待できないとのこと。

この数値は顔が真っ白になるくらいUVケア剤をたっぷり塗った場合の目安。うっすら着けた程度では、数値どおりの効果は期待できません。それはSPF値がいくつであっても同じです。



そして、どうしたらいいかと言うと、強い刺激のものを一度塗るよりも、比較的肌に刺激の少ないSPF30以下を塗り直した方がいいそうです。

肌負担が大きいSPF50を1回つけるよりも、SPF30以内の肌負担が比較的軽いものを何度か塗り直したほうが、肌にやさしく、効果的な紫外線対策ができるのです。



これ意外と知らないという人が多いと思うので、非常に参考になる情報でした。特に小さい子供への日焼け止め対策は、なるべく皮膚へのダメージが少ないものがいいですね。


後、記事にあるように基礎代謝を高める事は大切とありますので、普段から運動をすることを心がけたいですね。


特に年齢を重ねてくると、筋肉もつきにくくなっていくので、普段から運動をする癖をつけましょう!

 

【大容量】 ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス 85g (通常品の1.7倍) 日焼け止め SPF50 /PA