ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

ロジテック製のルータ LAN-W300 脆弱性放置でマルウェア Miraiに感染

ロジテック製のルータ LAN-W300 脆弱性放置でマルウェア Miraiに感染しているそうで、放置している方は注意が必要です。

 

情報元はこちら、

【セキュリティ ニュース】「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ(1ページ目 / 全2ページ):Security NEXT

 

報通信研究機構(NICT)は、国内で観測されている「Mirai」感染ホストの約半数は、脆弱性が未修正のロジテック製のルータで、約1500台が複数のマルウェアに繰り返し感染しているとの分析結果を明らかにしたとあります。

 

同機構のNICTERプロジェクトが、ダークネット網を用いたサイバー攻撃観測システム「NICTER」でマルウェア「Mirai」に感染したホストより発信されたパケットの動向について調査、分析したもの。

国内では2021年以降、Mirai感染ホスト数は1000前後で推移していると見られるが、ロジテック製ルータが占める割合が、2021年2月後半より増加しており、約半数にのぼっているという。

2020年8月以降にこれら感染ホストでバナー情報より取得した「UUID(Universally Unique Identifier)」の件数は、重複を除くと2126件。そのうち2118件がロジテック製のルータ「LAN-W300」シリーズだった。

同シリーズには、2015年に公表された「Realtek SDK」の脆弱性「CVE-2014-8361」の影響を受けることが判明している。未修正の機器は、従来より繰り返し攻撃の標的となっており、2021年以降もTCP 52869番ポートに対する攻撃が活発に展開されていた。同様の動きはJPCERTコーディネーションセンターにおいても観測されている。

 

 

続いてメーカーの情報です。

重要なお知らせ - > ロジテック製300Mbps無線LANブロードバンドルータおよびセットモデル(全11モデル)に関する重要なお知らせとお願い - ロジテック

 

ロジテック製 300Mbps無線LANブロードバンドルータおよび、セットモデル(全11モデル)の一部のファームウェアバージョンにおいて、UPnPのセキュリティ脆弱性が確認されました。対象製品をお持ちのお客様におかれましては、最新版のファームウェアに更新されているか、下記の手順にてご確認いただき、アップデートをいただきますようお願い申し上げます。

 

ちなみに2017年12月19日なのでかなり前の情報です。アップデートのダウンロードはサイトより入手できますので、速やかに対応したほうがいいですね。