ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

SONY ウォークマン Sシリーズ NW-S315 周囲の騒音を消すデジタルノイズキャンセリング機能が評判

普段、中々モチベーションが上がらない、、、という時に便利なのが音楽です。元気がない時にも、洋楽ロックを聴くと、一気にテンションがあがります。


特に仕事などのストレスが溜まっている場合は、音楽を聴くとストレス解消になったり、気がまぎれたりしますよね。

 
人生において、音楽はとても重要な存在です。そして、音楽を聴くのに以前はiPodを利用していたんですが、今の長女が数年前に壊して以来、スマホで代用しています。


スマホも音質は悪くないので、全然、問題なく使えているんですが、スマホはすぐにバッテリーがなくなるので、ちょっと弱っています。。。というのも、私はスマホにGalaxyS5を利用しているんですが、仕事の休憩中にスマホを使うと、夕方にはバッテリーがほぼなくなってしまい、帰宅中にバッテリーがゼロになってしまいます。


その為、バッテリーが長持ちする専用の再生プレイヤーを購入しようか検討しています。例えば、当時使っていたiPodは3日程度は軽くバッテリーが維持できていました。


スマホは多機能で便利なんですが、バッテリーが一日もたないのが問題ですね。そこで、購入を検討しているのがウォークマンですが、ハイレゾ音源で評価が高い皇族モデルが「ソニー SONY ウォークマン Sシリーズ NW-S315 : 16GB Bluetooth対応 イヤホン付属 2017年モデル ブラック NW-S315 B」発売されるそうです。


元記事はこちら。

ソニーの新しい「ウォークマン S」- 機能を大胆に省略し使いやすさアップ


記事によると、ソニーは8月4日、「ウォークマン S」シリーズの新モデルを発表した。発売は9月9日。価格はオープンで、推定市場価格は16GBモデルの「NW-S315」が16,000円前後、4GBモデルの「NW-S313」が12,000円前後。カラーはブルー、ライトピンク、ホワイト、ビビッドピンク、ブラックの5色をそろえるそうです。

 

ウォークマン S310シリーズは16GBと4GBの2モデル展開で、8GBはラインナップから外れたそうです。従来機「NW-S10」から、主に本体のデザインとUIを刷新し、使いやすさを向上しているとのこと。
UIについては、ホーム画面に表示するメニューを音楽再生に必要なものに絞っている。メニュー画面のカーソルカラーは本体カラーに合わせて設定可能。なお、従来機にあった「動画」「写真」「Podcast」のメニューは非搭載で、ホーム画面の壁紙も設定不可となった。

音質に関わる技術も、「クリアベース」「DSEE」「ClearAudio+」「クリアステレオ+」「ダイナミックノーマライザー」などを省略。イコライザーは5バンドから6バンドに変更している。

再生可能な音楽ファイルはMP3 / WMA / FLAC / リニアPCM / AACで、ATRACApple Losslessは非対応。また、Bluetoothの対応コーデックはSBCのみで、aptXはサポートしない。

 

また、周囲の騒音を打ち消すデジタルノイズキャンセリング機能は継続採用しており、モードはリスニング環境に合わせ電車・バス / 航空機 / 室内の3種類から選べるそうです。この機能はいいですよね。後、語学学習向けに、聴きたい部分を繰り返し再生する「A-Bリピート」や、約3秒間再生地点を戻す「クイックリプレイ」といった機能も搭載するとのこと。

 

そして、Windows向けの音楽転送アプリは、新しい「Sony | Music Center for PC」を推奨していて、ダウンロード提供は8月27日に開始される予定だそうです。
バッテリー駆動時間は約52時間 (MP3 128kbpsモード時)で、前モデルの約77時間からやや短くなった。本体サイズはW43.5×H94.5×D9.1mm、重量は約53g。

ドックスピーカーを同梱したモデルも用意。推定市場価格は「NW-S315K」(16GB)が19,000円前後、「NW-S313K」(4GB)が15,000円前後。

これまでのドックスピーカーは、ウォークマンを設置する部分の色が白と黒の2種類だったが、ウォークマンの本体カラーと同じ色になるようデザインを変更している。ドックスピーカーのサイズはW153.4×H48.4×D115.4mm、重量は約214g (ウォークマン含む)。

そして、そのウォークマンがこちら。
約53gのコンパクトボディでスタミナたっぷり52時間の長時間バッテリー
周囲の騒音をカット。デジタルノイズキャンセリング機能搭載
語学学習にも最適な、集中して学習したい箇所を繰り返し聴ける「A-Bリピート再生」や、再生位置を戻す「クイックリプレイ」など、効果的な機能を搭載
「Content Transfer for Mac」でMacからの転送にも対応
ウォークマンの本体カラーとコーディネートして、メニューのカーソルカラーをブルー、ライトピンク、ホワイト、ビビッドピンク、ゴールドの中から設定が可能に。
リスニング環境にあわせて選べる3つのモード(電車・バス/航空機/室内)を搭載
音源に応じて多彩なイコライザーから音質を選べます。ロック、ポップス、ジャズ、クラシック、EDM、R&B/HIP HOP、リラックスの7種類に加えて、お好みの音質を細かく設定できるカスタムイコライザーを2種類保存可能
 
 

音楽が私にとってとても重要なモチベーションを上げるツールなので、専用のウォークマンを購入しようと思います。格安のコスパのいいハイレゾプレイヤーを探している方も、是非、チェックしてみてください。

 

また、amazonでは使えませんが、楽天、ヤフーショッピングをいつもよりお得に利用する方法があります。それは、いつもブログでオススメしているポイントサイトのハピタスを利用する方法です。



ハピタス経由で楽天、ヤフーショッピングを利用するだけで、購入金額の「1%」がポイントバックされて、貯まったポイントは現金などに交換できます。上手に利用すれば、年間で数万円のポイントを貯める事もできます。
 

 

節約効果を上げる為にも、登録・利用は完全無料なので、是非、利用してみてください^^

 

ハピタス未登録の方はこちらから↓
※登録・利用は完全無料!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス