ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

社内SEの魅力と人気の理由は、自社システムを自分で作り、運用するやりがい

f:id:merrywhite:20201205210228j:plain


IT業界に転職して10年以上経過しますが、なんだかんだで続くものです。最初は、辛すぎて長く持たないかもと思っていましたが、やりがいもありますし、他の業種と比較しても、まだまだ稼ぎやすい印象があります。


特に地方はインフラエンジニアがいないので、とても重宝がられます。今後も地方のインフラエンジニア不足は続きそうです。そして、この業界の魅力はやり方次第でそこそこ稼げることでしょうね。ただ、会社によっては給料が安くてこき使われることがあるので、注意が必要です。



そして、私はインフラエンジニアの仕事が長いのですが、SIerとして仕事をしてますので、企業のインフラ構築のお手伝いをする事が多いです。そして、少し前までは社内の情シス部門で働きたいと思って、転職活動をしていした。地方の場合、年齢の壁があるので、転職に難航してそのままという状態です。


そんな中、若い人は社内SEを希望している人も多くて、私も周りでも30代前後で、社内SEへの転職をしている人が多いです。社内SEの魅力は、自分の裁量で色々と判断できるのがいいですよね。以前の職場でも、東京から地方に戻ってきて、しばらくSlerで仕事をしていましたが、「やっぱり社内SEになりたい!」ということで、きっぱり会社を辞めてしまいました。


私も仕事を続ける中で運用の仕事をしていた事もあるのですが、社内SEのいい所は自社システムを自分で作り、運用するやりがいではないでしょうか。


よく言われる社内SEの魅力とはこんな所があります。


Slerと違い自社のシステムの構築、運用に携わることができる

Slerの魅力にもなるのかもしれませんが、色んなお客様の環境でシステムを構築することになります。一方、ずっと同じ場所で仕事をしたいという人には社内SEのほうが魅力的に感じることがあると思います。


私も難度の高い構築案件ばかりしていて、相当疲弊したことがありますが、人間関係のいい会社やそれほど規模の大きくない会社の場合は、自分の裁量も広く、対応できるのがいいでしょうね。


●人間関係の円滑にすることで仕事がしやすくなる

どんな仕事にも言える事ですが、人間関係の円滑にすることで仕事がしやすくなると思います。特に社内の仕事がメインになりますから、社内の人間関係を上手に作り上げることができたら、仕事はかなりしやすくなると思います。


個人的には大手企業よりも中小企業のほうが自分の裁量が増えるし、任される部分も多くなるので、満足度は高いのかな~と思ったりもします。大手企業の場合、システム部って人数も増えますし、その分、業務が分担制になり、役割が明確になるという特性があると思います。その為、大手企業と中小企業では、同じ社内SEでも仕事の仕方が大きく変わると考えられます。


例えば、以前、外資系企業の社内SEの面談をしたことがありますが、そこは製薬会社で社内SEは3人で、ある人は端末、ある人はネットワーク、ある人はサーバーというような形で役割分担をしていました。一方、私が勤めていた派遣会社は、2人で社内を見ていて、どちらも役割を決めず、何でもやるという形をとっていました。これも会社によって変わってくると思います。


●社内SE職に必要なスキル

社内SEとして働くために必要なスキルは、所謂、IT系の技術力と、コミュニケーション能力も必要になります。社内SEとしての技術については、ベンダーなどと違い、何かを特化した技術を持つとうよりは、幅広くなんでもそつなくこなす技術がある程度ないと社内SEとして活躍しにくいかもしれません。

また、業務量は会社によって大きくことなり、定時で帰れる会社もあれば、残業時間が多い会社もあり、一概に業務量の多さ、少なさは言えません。そして、コミュニケーション能力ですが、社内SEですから現場の人たちの声に耳を傾けてシステム構築などをしていかなければならないので、社内の調整業務、はたまた、外部の会社に構築を依頼する場合などもあり、調整能力、コミュニケーション能力が高い必要があります。

ベンダー業務と違い、スキル重視というよりは、コミュニケーション能力が求められるケースもあります。



そして、ITの技術については経験によるものも大きいので、中小企業の場合、経験や知識の幅が広がらない可能性もあります。その為、やる気がある人は、情報を自分で収集したり、自宅で検証をする人もいます。


私も以前、無線LANで使用する証明機関を企業に導入した経験がありますが、その際も、自宅に簡易の検証環境を用意したこともあります。ようはIT技術が好きな人なら、どういった環境でもスキルを上げることができると思います。


SIerから社内SE、情シス部門へ転職したい方にお勧めの「社内SE転職ナビ」

f:id:merrywhite:20200808053844j:plain


私のケースで言うと、今はフリーランスとして活動をしていますが、一時期は社内SEになりたいと考えていました。社内SEであれば、自分のシステムのことを考えて、仕事ができるのが魅力的で、SIerとしての経験を活かせればいいなと思っていました。


そして、SIerを経験したエンジニアがなりたいと希望する社内SEですが、いざ、転職するなら若いほうがいいようです。私も何度か面接をしましたが、やはり、遅くとも30代の前半くらいならまだ間に合うかもしれませんが、それ以上になると転職が難しいケースがあります。


以前の職場で働いていた同僚も、技術をある程度勉強してから社内SEになりたいということで、数年間、Slerでインフラエンジニアを経験してから、転職をした人もいます。社内SEは会社の規模によって求められる技術が大きく変わる可能性がありますが、自社のシステムを構築、運営していく為、やりがいはありそうですね。


私も実際に地方に移住して社内SEの面談をしましたが、30代後半になると転職は厳しいと感じたことがあります。遅くとも、30代前半には行動しておいたほうがよさそうな印象です。ただ、これも東京と地方では転職しやすさが違うと思います。


とは言え、まだまだ転職するケースが多いのは当たり前ではない日本なので、その為、転職時期は考えたほうがいいのですが、これから社内SEになりたいという人向けにお勧めの転職サービスが「社内SE転職ナビ」です。

 →憧れの社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】

f:id:merrywhite:20201205210132j:plain

 


こちらの『社内SE転職ナビ』は、日本全国の「社内SE」求人を網羅する転職情報サイトです。


社内SEを専門的に扱う転職サイト『社内SE転職ナビ』のご案内
『社内SE転職ナビ』は、日本全国の「社内SE」求人を網羅する転職情報サイトです。
エンジニアの転職希望として必ず上位にランクインする「社内SE」。

「客先常駐は避けたい」「社内の改善に自身の力を発揮したい」「情報システム部門で働きたい」「お客様先ではなく自社サービスのシステムに携わりたい」『社内SE転職ナビ』ではエンジニアから最も多い悩みを解決し求人を探すことができる転職情報サイトです。

また、『社内SE転職ナビ』では無料会員登録をすることで求人をキープできる「検討中リスト」や、転職活動の「応募」から「進捗」まで管理し転職活動を時系列でサポートできるのも特長です。

求人紹介ではなく現在の仕事の悩みからキャリアの棚卸といった相談ができる「カジュアル面談」、自分の理想とする企業探し&転職活動を前提としたキャリアアドバイスが中心の「キャリア面談」、地方在住や多忙の方でも安心してプロのコンサルタントに相談できる「Skype面談」など、転職活動に役立つメニューも豊富にご用意。多くのエンジニアの転職を成功させてきた実績を持つコンサルタントが、あなたの理想の社内SE案件をお届けします。

豊富な情報と機能、そしてIT業界を熟知したコンサルタントが、あなたが理想とする「社内SE」に就くまでのすべてを全面的にサポートするのが『社内SE転職ナビ』です。

エンジニアの多くが理想とする「社内SE」の様々な業務スタイルや実態といったリアルな情報もお届け。

『社内SE転職ナビ』を活用することで、そもそも「社内SE」が自分に向いているのか、どのような業種の情報システム部が良いのか等、豊富な情報から多角的に分析し、あなたのワークスタイルに合わせた転職先を探すことが可能です。


エンジニアの転職希望として必ず上位にランクインする「社内SE」ですが、『社内SE転職ナビ』ではエンジニアから最も多い悩みを解決し求人を探すことができる転職情報サイトです。


「客先常駐は避けたい」
「社内の改善に自身の力を発揮したい」
情報システム部門で働きたい」
「お客様先ではなく自社サービスのシステムに携わりたい」



また、『社内SE転職ナビ』では無料会員登録をすることで求人をキープできる「検討中リスト」や、転職活動の「応募」から「進捗」まで管理し転職活動を時系列でサポートできるのも特長です。


求人紹介ではなく現在の仕事の悩みからキャリアの棚卸といった相談ができる「カジュアル面談」、自分の理想とする企業探し&転職活動を前提としたキャリアアドバイスが中心の「キャリア面談」、地方在住や多忙の方でも安心してプロのコンサルタントに相談できる「Skype面談」など、転職活動に役立つメニューも豊富にご用意しています。


多くのエンジニアの転職を成功させてきた実績を持つコンサルタントが、あなたの理想の社内SE案件をお届けします。


豊富な情報と機能、そしてIT業界を熟知したコンサルタントが、あなたが理想とする「社内SE」に就くまでのすべてを全面的にサポートするのが『社内SE転職ナビ』です。


エンジニアの多くが理想とする「社内SE」の様々な業務スタイルや実態といったリアルな情報もお届け。


『社内SE転職ナビ』を活用することで、そもそも「社内SE」が自分に向いているのか、どのような業種の情報システム部が良いのか等、豊富な情報から多角的に分析し、あなたのワークスタイルに合わせた転職先を探すことが可能です。

f:id:merrywhite:20201205210152j:plain



【社内SE転職ナビを選ぶ3つの特徴】

1 社内SE求人数トップクラス
数少ない『社内SEに特化した転職支援サイト』として、他にはない強みがあります。その最大の強みは『社内SEの求人案件数が業界トップクラス』という実績。だから他の転職サイトと比べて、自分にマッチした理想の社内SE案件に巡り合うチャンスが断然アップ致します!


2 仕事内容・給与待遇・キャリアパスetc.みんなが気になる「社内SEのリアル」が隅々まで詳しく伝えます!

「なんとなくイメージはつくけど、社内SEの実態って正直よく分からない」という方も多いのでは。社内SE転職ナビでは、社内SEならではの仕事の特徴や求められるスキル、さらに細かい給与待遇や将来のキャリアパスなど、みんなが知りたい「社内SEのリアル」な情報をわかりやすく丁寧にご紹介いたします。

その結果、一人ひとりにとって『理想の社内SE像』を明確にできるので、社内SEへの転職成功率をより高めることができるのです!


4 社内SE転職ナビは、社内SEを目指すエンジニアの最適なキャリア形成を支援しています。
エンジニア専門、かつアドバイザーに人数のノルマがないため、一人の求職者にかける時間が通常のエージェントの2倍!

そのため、希望に合わない求人の紹介や、大量の求人メールを送るなどの機械的なサポートは行いません。一人ひとりの希望や経験をお伺いし、丁寧にアドバイスいたします。転職活動だけでなく、キャリア形成に役立つ情報も含めてご相談頂けます。


5 エンジニアの社内SEの定義は、「客先常駐がないこと」。
そんな意見を代弁したサイトが、この社内SE転職ナビです。そのため、SI、社内SE、Webエンジニア、ゲーム業界にお勤めの方、エンジニアの皆様誰しもがご利用いただけるサービスです。

ご登録頂きますとマイページが発行され、客先常駐のない求人を検索出来たり、アドバイザーお勧めの求人が確認できます。自身の希望、客観的な視点からのアドバイス双方が受けることができます!


6 あなたにあったサポートを、あなたのペースに合わせて提供します。

社内SE転職ナビでは、社内SEの転職を希望される方を求人情報の提供からセミナー等のイベント開催、転職支援面談まで包括的にサポート。転職を前提としないキャリア全般の相談が出来る面談メニューもご用意しているので、転職活動自体を迷っている人でも気軽にご相談可能です。




社内SE転職ナビ よくあるご質問
社内SE転職ナビとは転職支援サービスの内容について面談(キャリア相談や転職支援サービス)について求人案件への応募についてサイト掲載中の求人について職種・その他ご希望に関する質

 

Q
サービスを受けるのに、費用はかかりますか?
A
登録に始まりカウンセリング相談~企業紹介~入社決定までに至る、すべてのサービスは無料ですのでご安心下さい。

Q
会員登録後に、課金を行う必要はありますか?
A
登録後のサービスで、課金を行う必要のあるサービスはございません。 
当社からご提供するサービスは全て無料でご利用いただけます。

Q
具体的に、どのような情報を提供してくれるのですか?
A
単なる求人紹介に留まりません。 
社内SE業界の実態を熟知した専門のコンサルタントが、あなたのキャリアを深く分析。IT/Webをはじめ、事業会社も含めた多岐にわたる業界の中から、あなたの経験が活かせる社内SEへの道をご提案致します。 
さらに「あなたの経験・スキルの中で何が強みになるのか」「企業が求めるレベルに達していない弱みをどのように補うべきか」などを具体的にアドバイス致します。

Q
担当のコンサルタントは、どのようにして決まるのですか?
A
ご登録者さまのご経験業界やご経験職種に合わせて、最適なコンサルタントを決定致します。なお、社内SE転職ナビには『社内SE専門のコンサルタント』が在籍しております。

Q
現在、在職中なのですが相談できますか?
A
はい、問題ございません。 
在職中に転職活動をされる方はたくさんいらっしゃいます。 
転職エージェントを利用することによって、在職中でもスムーズに活動を進めることができます。また、お申し込みの秘密は厳守致します。

Q
正社員としての就業経験がないのですが、社内SE転職支援サービスを利用できますか?
A
はい、ご利用いただけます。 
ただ、お預かりしている求人は、即戦力を求めるものが多いため、実務経験を重視する傾向にあります。 
そのため、企業での正社員としての実務経験をお持ちでない場合、ご紹介の可能性は低くなりますので、あらかじめご了承ください。


仕事のあり方は人によってさまざまだと思いますが、一つの会社で腰をおろして頑張りたいという方には社内SEという仕事の仕方がいいでしょうね。



社内SEの転職に特化したサイトなので、これから社内SEになりたい、転職したいという方にお勧めのサービスです。

 →憧れの社内SEへ転職するなら【社内SE転職ナビ】