ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Proxy環境でのWindows Server 2016でWindows Updateできない場合の対処法

自宅のパソコンは直接インターネットに接続しているので問題ないですが、企業などはプロキシがいて、サーバーを構築する場合は、プロキシを設定しないと外部に接続できないというケースが多いと思います。


そこで、Proxy環境でのWindows Server 2016でWindows Updateできない場合の対処法について紹介します。


Windows7Windows Server 2012 R2の頃からありましたが、コマンドでWindows Update用にプロキシを設定してあげないといけません。


また、意外とはまるのがIEでも設定しないとダメでした。ということで設定箇所は2つです。

 

Internet ExplorerのオプションでProxyの設定行う
コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行する

> netsh winhttp set proxy IPアドレス:ポート番号

 

③設定の確認は以下のコマンドを実行する

> netsh winhttp show proxy


プロキシの設定を戻す場合は以下のコマンドを実行します。
> netsh winhttp reset proxy

 

知らないと意外とはまるかもしれないので、WindowsUpdateの更新をした場合にエラーになる場合は、上記を参考にしてみてください。