ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

地方のエンジニアは守備範囲が広くスキルが高い!東京から地方で職場を変えて気づいたこと

f:id:merrywhite:20201113070141j:plain


私の人生設計の中で、仕事は地方の方が楽だと考えていました。


ところが、、、、


こと、IT業界に関しては違うと言える部分があります。


東京で仕事をしている時は、自分の仕事が細分化されている事が多いです。


例えば、IT業界を例に出すと、私はインフラエンジニアですが、ストレージの専門部隊がいて、セキュリティの専門部隊がいて、、、というような感じです。


しかし、地方の場合、基本は全部やります。


つまり、対応しなければならない範囲が広いです。


結果、大変さは地方の方が特化できない分、大変だと感じます。逆に、東京の仕事は特化できる場合があるので、自分の好きな仕事をさせてもらえるなら、アリかもしれません。


しかし、東京の大変な部分は、逆に特化できる部分だったりします。


それは、部署間のコミュニケーション不足でよくトラブルが起きます。


逆に、地方は大変な分、広い範囲を見る事ができるわけですから、そういった問題は起きにくいです。


つまり、仕事ができるなら、東京よりも地方の方が仕事がしやすいという人もいると思います。


では、東京と地方はどちらがいいのか?


それは、稼ぎたい額によります。地方は残念ながら、給料は低いです。東京はやり方次第でエンジニアであれば、1000万円稼ぐ事もできます。


私は、残念ながらフリーランスを経験していませんが、フリーランスであれば、年収1000万円も不可能ではないです。


地方は、フリーランスという仕事で稼ぐ人自体が少ないので、本気で稼ぎたいなら東京の方がいいと思います。


では、地方のメリットはというと、やはり、お金を稼ぐ事よりも、やりがいであったり、地元で働ける幸せだと思います。


私は東京から地方に移ったので、確かに給料は圧倒的に下がりました。ただ、仕事はやりがいがあるし、地元にもすぐに行けるのがいいですよね。


その為、年齢を重ねてから地方のメリットを感じる事があるのではないかと思います。


ある人は、親の面倒を見る為に、東京勤務で態々地方に戻っているという人もいます。


東京でいくら稼いでも、ちょくちょく地元に戻っていたら、お金はすぐになくなってしまいます。やはり、給料の違いはあれど、自分がどこに拠点を置くのがいいのかは考えた方がいいと思います。


特に、年齢を重ねると、東京以外の仕事の場合、仕事を見つける事自体が難しくなるので、地方に戻る考えがあるのなら、年齢は若い方がいいと思います。

 

転職活動を検討しているならマイナビエージェントがおすすめです。リクナビindeedなどの転職サイト経由だと再就職手当がもらえません。こういったエージェントサービスを経由するともらえますので、転職まで少し時間がかかりそうという方はご注意ください。

 

マイナビエージェントへのアクセスはこちらから↓