ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

愛知犬山の名物として紹介された守口漬けが美味しくて豊臣秀吉が愛した味

大好きな番組のアド街ック天国で、愛知犬山の名物として紹介された守口漬けが美味しくて豊臣秀吉が愛した味とのこと。漬物って美味しいですよね~。


ちないに、守口漬けは、守口大根のつけもので、ネットで購入することができます。例えば、愛知に住んでいて、昔好きだったけど、今は他県にいるという方などにいいですね。


他にも、漬物が好きで昔好きだったけど、最近食べてないな~という方にもおすすめです。

 

守口漬とは・・・
守口大根は大根の1品種です。
川内国守口(現在の大阪府守口市)特産からその名がつけられました。
なにわ野菜の一つとされています。大根の中でも特に細長いのが特徴です。
現在は愛知県丹羽郡扶桑町と、岐阜県各務原市(旧川島町)の木曽川流域、
および岐阜市北西部(則武、鷺山地区)の長良川流域で栽培されています。
この地域は水はけが良く、粒子の細かい適度に砂の混ざった土壌であるから、
生産に適している。これらはほぼ全て契約農家である。 



守口大根とは・・・
お召し上がりの量だけを袋より取り出し、酒粕を拭取るか、洗い流すかしたあと、
お好みの形にスライスしてお召し上がりください。
開封後、残りを保存されるときは、酒粕ごとお漬物を冷暗所にて
保存していただきますと、より長く風味を楽しんでいただけます。



守口漬とは・・・
守口大根は大根の1品種です。
川内国守口(現在の大阪府守口市)特産からその名がつけられました。
なにわ野菜の一つとされています。大根の中でも特に細長いのが特徴です。
現在は愛知県丹羽郡扶桑町と、岐阜県各務原市(旧川島町)の木曽川流域、
および岐阜市北西部(則武、鷺山地区)の長良川流域で栽培されています。
この地域は水はけが良く、粒子の細かい適度に砂の混ざった土壌であるから、
生産に適している。これらはほぼ全て契約農家である。 



壽俵屋の守口漬
壽俵屋は、守口漬のふるさと、尾張は扶桑の地にて、
漬頭が受け継ぐ秘伝の技で守り続けてまいりました。
素材の育成と吟味からはじまり、蔵の中でじっくりと幾度も漬け替え、
合成保存料・添加物を一切使用しない「本醸本味醂粕漬物」本来の
手造製法に、こだわり続けております。

f:id:merrywhite:20211127171333j:plain

SNSでもお酒のあてとか、食べている人は好きなんでしょうね。
 
「~

頭から尾っぽまでまるごと食べられる鮎の塩焼きと解し身のはいった炊き込みごはん目が笑っている笑顔

刻んだ大葉が味に変化をつけてくれて、甘塩っぱい守口漬けを齧りながら、どんどん食べ進めちゃいます食べ物を味わう」

 

「~愛知県の味噌粕(守口漬けに使うもの)にゆで卵を漬けました。
卵は新しい運気の流れを生みますよ。
味噌粕は発酵食品なので、腸を整え、気分が落ち込んだりするのを防ぎます。
豊臣秀吉も守口漬が好きだったそうで、朗らかだったといわれる性格にも一役かっていたかもしれません。」

 

好きな方におすすめです。お酒のあてにも美味しそうですね。

 



また、楽天、ヤフーショッピングで購入する場合に便利なのがポイントサイトのハピタスです。ハピタス経由で購入すると、それぞれ「1%」ポイントバックされるので、いつもよりお得に購入できておすすめです。


ハピタス未登録の方はこちらから↓
※登録・利用は完全無料!

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス