ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

あ酒を飲むと風邪、体調不良が分かる!無理して飲んで扁桃腺がはれた


先日から鼻水がとまりません。仕事中も鼻水がとまらないので、とにかく大量のティッシュが必要になります。事の発端ですが、まず、少し前にインフルエンザの予防接種をうけました。


その日くらいから、ちょっと体調がおかしくなり、、、翌日は水っぱなが出る状態。もう、たらーっと垂れます。ただ、子供が外に行きたがっていたので、外出して、ガストに行きました。


ただ、やはり、体調がすぐれない。そして、その日は栄養ドリンク(ユンケル)を飲んで、総合風邪薬もがっつり飲んでから、寝ました。月曜日はちょっと辛かったですが、なんとか仕事ができる状態。


同僚にも、体調大丈夫?と言われるくらい、症状が出ていました。毎日、総合風邪薬を飲みながらなんとか過ごしていました。


そして、次の土日。鼻水が止まらないものの、ちょっとお酒を一本くらい飲みました。しかし、これがよくなかったのか、、、翌週も月曜日から鼻水がとまらず。ここまで長引くのは珍しいので、最初は花粉症を疑いました。ちなみに、花粉症は、年中、いろんな種類が飛んでいるようです。


その週に自分なりに人体実験をして、風邪か花粉症か判断することができました。まず、月曜日から晩酌でお酒を飲んでいました。鼻水は相変わらず止まらず。そして、火曜日。明らかに体調がおかしかったのですが、お酒をついつい飲みすぎて、缶チューハイを3本飲みました。そこで、気づいた事ですが、体調が悪いと、お酒を飲んだらすぐに分かります。


風邪を引いたらお酒をのんだらダメ。喘息もちは、ぜんそくが発症するかも


その日は、扁桃腺あたりが、なんか痛みがでてきて、もしや花粉症ではなく、本格的に風邪か?という判断ができました。そして、お酒を飲みすぎたせいか、とにかく鼻水が止まらない。その関係で、翌日とんでもない状態になりました。


口呼吸をしたせいで、扁桃腺が腫れあがっていたのです。朝、しゃべった声がおかしいと嫁に言われました。最初から風邪とわかっていれば、、、お酒を飲まなかったのに・・・というか、体調悪い時、風邪を引いている時は、お酒を飲んだらダメですね。


完全に風邪が長引きました。結果的に、2週間くらい風邪を引き続けました。ちなみに、風邪っていう病気はないそうですね。ウイルスに感染した諸症状を風邪と呼ぶそうです。


以前、仕事で鹿児島に行ったときに、たまたま乗車したタクシーの運転手が、酎ハイをよく飲むけど、晩酌で、体調が分かると言っていました。体調が悪いとお酒が美味しくないということで、今回、まさにその経験ですね。最近は、風邪を引いて、敢えて飲むなんてしてなかったので、久しぶりに喘息みたいな症状が出て、ちょっとやばかったです。


風邪を治すには体を温めるのが一番!寒い状態だと体調が悪化する可能性も

そして、残念ながら風邪で仕事の効率も落ちて、お酒も楽しめません。そこで、これまでよくやっていたのが、熱湯風呂に入ると、風邪が早く治ります。


よく地元の広島で飲みすぎて、風邪の症状が出たら、サウナでがっつり汗をかいて強制的に治していました。それが、今回は近くにサウナがないので、、、まず、靴下、ズボン、上着を2枚着て、部屋を暖めました。


すると、みるみる、扁桃腺の痛みが減少していきました。体を温めると、基礎代謝があがるので、ウイルスに対する抵抗力もあがるからでしょう。この季節は、とても気温が寒いので、体を温めることが重要です。今回は、お酒で痛い目をみましたが、冬は風邪には十分気を付けてください。


そして、どうしても頑張らないといけないときは、栄養ドリンクがお勧めですよ。ちなみに、薬剤師さんの本音としては、1000円を超える栄養ドリンクは飲まなくてもいいようです。400円くらいのユンケルなどで十分でしょう。後は、体をしっかりと温めましょう。