ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

What is the location of the "ifconfig" program on your machine? vmaretools

会社でESXi6.X上で稼働するLinuxCentOSにVMwareToolsをインストールすることはあるんですが、意外と注意点があったので、自宅のVMwarePlayerにCentOS7.2の仮想マシンを構築し、VMwareToolsをインストールしたら、会社以上にハマったので、備忘録。


はまった理由は、VMware Playerのバージョンが古い事も関係しているかもしれません。と言う事で、VMwarePlayerのアップデートは次回として、今回は、CentOS7.2へVMware Toolsをインストールする手順です。逆に色々ハマったので、勉強になりました。


まず、CentOS7.2はMinimal版です。Minimal版はPerlが入っていなかったり、色々と事前にやっておいたほうがいいことがあります。


そして、Perlの他に入れておいた方がいいのが、「net-tools」です。ifconfigが使えない状態でVmwareToolsをインストールしようとすると以下のようにあエラーが表示されて先に進みません。

What is the location of the "ifconfig" program on your 
machine? 
 
The answer "" is invalid.  It must be the complete name of a binary file.


その為、事前に、
VMware Toolsをインストールする前に、事前にyumなどでインストールしておくことをオススメします。使えると便利ですしね。


そして、yumでnet-toolsのyumパッケージがインストール可能なので、早速、yumを使ってインストールします。 
yum install net-tools
yum install net-tools読み込んだプラグイン:fastestmirrorLoading mirror speeds from cached hostfile * base: ftp.tsukuba.wide.ad.jp * extras: ftp.tsukuba.wide.ad.jp * updates: ftp.tsukuba.wide.ad.jp依存性の解決をしています--> トランザクションの確認を実行しています。---> パッケージ net-tools.x86_64 0:2.0-0.17.20131004git.el7 を インストール--> 依存性解決を終了しました。
依存性を解決しました
================================================================================ Package         アーキテクチャ                              バージョン                       リポジトリ                                                                           容量================================================================================インストール中: net-tools       x86_64       2.0-0.17.20131004git.el7         base       304 k
トランザクションの要約================================================================================インストール  1 パッケージ
総ダウンロード容量: 304 kインストール容量: 917 kIs this ok [y/d/N]: yDownloading packages:net-tools-2.0-0.17.2013100 0% [                 ]  0.0 B/s |    0 B   --:-- ETA net-tools-2.0-0.17.2013100 51% [========        ]  0.0 B/s | 155 kB   --:-- ETA net-tools-2.0-0.17.201310 100% [================] 229 kB/s | 304 kB   00:00 ETA net-tools-2.0-0.17.20131004git.el7.x86_64.rpm              | 304 kB   00:00     Running transaction checkRunning transaction testTransaction test succeededRunning transaction  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [                      ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [#                     ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [##                    ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [###                   ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [#####                 ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [######                ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [########              ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [#########             ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [##########            ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [###########           ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [############          ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [#############         ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [##############        ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [###############       ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [################      ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [##################    ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [####################  ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.201 [##################### ] 1/1  インストール中          : net-tools-2.0-0.17.20131004git.el7.x86_64       1/1   検証中                  : net-tools-2.0-0.17.20131004git.el7.x86_64       1/1 
インストール:  net-tools.x86_64 0:2.0-0.17.20131004git.el7

完了しました!               

 

インストール後、再度コマンドを実行してみると、 しっかりとIP情報が表示されるようになります。

[root@localhost ~]# ifconfig
eno1677XXXX: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST>  mtu 1500
        inet 192.168.X.X  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.X.255
        inet6 fe80::20c:29ff:fe5f:XXXX  prefixlen 64  scopeid 0x20<link>
        ether 00:0c:29:5f:XX:XX  txqueuelen 1000  (Ethernet)
        RX packets 2401  bytes 156327 (152.6 KiB)
        RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
        TX packets 179  bytes 26522 (25.9 KiB)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0

lo: flags=73<UP,LOOPBACK,RUNNING>  mtu 65536
        inet 127.0.0.1  netmask 255.0.0.0
        inet6 ::1  prefixlen 128  scopeid 0x10<host>
        loop  txqueuelen 0  (Local Loopback)
        RX packets 0  bytes 0 (0.0 B)
        RX errors 0  dropped 0  overruns 0  frame 0
        TX packets 0  bytes 0 (0.0 B)
        TX errors 0  dropped 0 overruns 0  carrier 0  collisions 0

また、ifconfigの代わりのコマンドとして、「ip addr show 」があります。以下は出力結果です。

[root@localhost ~]# ip addr show
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: eno16777736: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast state UP qlen 1000
    link/ether 00:0c:29:5f:XX:XX brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.X.X/24 brd 192.168.X.255 scope global dynamic eno1677XXXX
       valid_lft 85286sec preferred_lft 85286sec
    inet6 fe80::20c:29ff:XXXX:XXX/64 scope link
       valid_lft forever preferred_lft forever
[root@localhost ~]#

意外とはまるポイントなので、参考にしてみてください。