ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

2台目のController(DDC)をファームに接続させる時にSQL Expressでエラーメッセージが表示される

XenDesktop5系でControllerを2台以上の構成で、データベースにSQL Expressを選択した場合、2台目以降のcontrollerをファームに参加させようとするとエラーメッセージが表示される事があります。


「サービスがデータベースに接続できませんでした」


原因として、SQL Expressを構成したサーバーのBrowser Serviceが無効になっているために、発生します。


解決方法としては、このBrowser Serviceを有効にします。


詳細は以下のCTXを参照してください。
http://support.citrix.com/article/CTX129333


有効にする方法は、以下のやり方があります。


SQL Server Browser サービスを開始するには≫

①[スタート] ボタンをクリックし、[マイ コンピュータ] を右クリックし、[管理] をクリックします。

②[コンピュータの管理] で、[サービスとアプリケーション] を展開し、[サービス] をクリックします。

③サービスの一覧で、[SQL Server Browser] をダブルクリックします。

④[SQL Server Browser のプロパティ] ウィンドウで、[開始] または [停止] をクリックします。


⑤サービスが開始または停止したら、[OK] をクリックします。 

 

≪コマンド プロンプトから SQL Server Browser サービスを開始する≫

①[スタート] メニューの [ファイル名を指定して実行] をクリックします。

②[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスで、「cmd」と入力します。

③コマンド プロンプトから、「net start sqlbrowser」と入力します。


≪コマンド プロンプトから SQL Server Browser サービスを停止する≫

①[スタート] メニューの [ファイル名を指定して実行] をクリックします。

②[ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスで、「cmd」と入力します。


③コマンド プロンプトから、「net stop sqlbrowser」と入力します。 


ここは結構はまるポイントなので、注意してください。


仮想化OS XenServerの基礎と活用