ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

高齢 97歳運転の車が歩道暴走 息子「これまで事故なし」は参考にならないとの意見

高齢 97歳運転の車が歩道暴走  息子「これまで事故なし」は参考にならないとの意見があり、その判断基準はいかがなものかと考えてしまいました。

 

こちら

【独自】97歳運転の車が歩道暴走 6人死傷…息子「これまで事故なし」(FNNプライムオンライン) - Yahoo!ニュース

 

19日に軽自動車を運転中、歩道にいた****さん(42)をはねて死亡させた疑いで逮捕されたのは、福島市に住む****容疑者(97)。

車は**さんをはねた後、車3台に相次いで衝突。**容疑者を含む5人が軽いけがをしました。

めざまし8の取材に答えてくれたのは、車を運転中、**容疑者の運転する軽自動車に衝突された女性です。女性は当時の状況について、こう話します。

「何かがぶつかったと思い、振り返ると、ものすごい速さで車が歩道を走っていきました。(自分の車の)後ろのガラスが全部割れていたんですが、それにも気づかなかったです。」

車を見せてもらうと、後方のガラスは完全に割れ、車内には粉々になったガラスの破片が。さらに、側面には大きなへこみと傷。給油口も開き、衝撃の強さを物語っています。

女性は「あまりに一瞬の出来事で、何が起きたか全く分からなかった」と話し、事故後の**容疑者の様子については、うつむいたまま歩道に座り込み、取り乱した様子もみられなかったといいます。

なぜ? 97歳の**容疑者が「運転する理由」と「事故」の関係
めざまし8が事故現場に行ってみると、歩道の街路樹の下には花が添えられていました。
献花に訪れた、亡くなった**ひとみさんの知人は、「本当に優しそうな、気立ての良い方だった」とショックを隠しきれません。

痛ましい事故は、なぜ起きてしまったのでしょうか。

取材を進めると、事故現場周辺で聞かれたのは、「車がないと生活が不便だ」という声でした。
福島市にはバスや電車などの公共交通機関がありますが、車を使う人が多いといいます。
容疑者の自宅から最寄りのバス停までは約650m、徒歩6分程度の距離です。

バスが来るのは時間帯にもよりますが、1~2時間に1本程度と、便数が少ないことがわかります。また、最寄りのスーパーまでは約1kmで、徒歩12分程度。
こうした生活環境から、**容疑者は“車を手放すことができなかった”のでしょうか。

さらに**容疑者の息子は、めざまし8の取材に対し「これまでに事故を起こしたことはありませんでした」と話します。
容疑者を知る近所の人も、「穏やかな性格で、これまでに事故を起こしたことはなかった」といいます。
また、警察によると運転免許を更新する際の検査では、認知機能に問題はなかったということです。

しかし取材を進めると、最近になって、危険な兆候ともいえる目撃情報もありました。
近隣住民は、車庫入れに手間取り、車を何度も切り返す**容疑者の姿を見たといいます。さらに、以前まで普通車に乗っていた**容疑者が、最近になって小回りのきく軽自動車に乗り換えたともいいます。

近隣住民:
毎日のように車で出かけていかれるの。帰ってくるまで、まだ帰ってこないんだけどって言って、心配なさるんですよ、皆さんが。
奥さんが亡くなって、もう5、6年になるかしら。一人だけだから、もう運転やめたらって本人には直接言えなくて。やっぱり高齢だから自分から辞めると言えないのか、子供たちが言ってくれればそれもありがたいけど、それもないみたいだから。

近隣住民によると、**容疑者は数年前から1人暮らし。
運転を続けることについて、直接声をかけることはできなかったといいます。

車を手放すことができず、周囲も「免許返納」を言い出せなかった中、97歳が起こした死亡事故。警察は、事故の原因やいきさつを調べています。

 

 

コメントです。

 

「この記事をみると、事故を起こす高齢者が、過去に事故を起こしたことがあるかどうかは、全く参考にならないってことですね
そして、更新時に行う認知機能テストも、あまりあてになりそうもない

でも、地方で暮らすには車は必需品ということもわかる
しかし、これだけの大事故を起こすということを考えると、やはり自主返納の大事さがわかりますね
97歳はさすがにまだ大丈夫と言える歳ではないですね
高齢の方で運転を継続している人は、これを機会に今一度自身で考えることが必要ですね」

 

「高齢者がいつまでも車を運転し続けるというのはいかがなものでしょうか。97歳となると体の衰えも感じてくる年ごろでしょうし、免許の自主返納をするに至らなかったのでしょうか。確かに山間部などでは乗用車は必要ですから自主返納をためらう人もいると思います。ならば、免許が18歳以上でないととれないように、免許が取れる上限も決めるべきです。

以前から高齢者ドライバーによる事故が多発しています。当然今回のように事故で命を落とす方もいるのですから、免許を取得できる年齢の上限を決める法律を作るべきです。そして、免許を返納した高齢者はバスの運賃を安くするなどの法律も作るべきでしょう。」

 

「> 事故現場周辺で聞かれたのは、「車がないと生活が不便だ」という声でした。
> 福島市にはバスや電車などの公共交通機関がありますが、車を使う人が多いといいます。

高齢化社会が進めば、高齢者の事故が増えるのは必然なこと。
特に地方になれば、公共機関も採算が取れず1日数本がやっとで、車がないと不便といわれるのも当然でしょう。
現状では、高齢者運転と事故の増加のスパイラルは止まらないはず。

高齢者免許の問題だけでなく、より安全・安定の生活ができるか?
高齢化社会を見据えた車の技術や公共機関の在り方とか、もっと広く考えないと状況はいつまでも改善しないと思う。」

 

田舎は確かに車がないと不便だと思います。スーパーまで最寄りが数キロあるとかもありますし、ただ、都心は別だと思いますし、地方でも住んでいるエリアでは車は不要ってあると思います。

 

また、ここで過去に事故がないから問題ないにしてはいけない気がしました。高齢者で年齢があがればあがるほど突然の病気が起こる可能性が高くなります。

 

【2022業界新作】ドライブレコーダー1296P フルHD高画質 SONY製イメージセンサー 170度超広角 アルミ合金製 耐熱構造 小型ドラレコ 32GBカード付き 3インチ液晶画面 HDR/WDR画像補正技術 F値1.8 明るいレンズ 夜間撮影 ワンタッチ記録 エンジンON/OFF 自動緊急録画 駐車監視 動体検知 リバース連動 上書き録画 Gセンサー搭載 車載カメラ 全国LED信号機対策 安心安全 回路保護 高速録画 操作簡単 日本語説明書付き ブラック