ITよろづや

ITから生活の参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

冬のボーナスが2年連続減で平均78万円 物価上昇も合わせて生活が苦しい

冬のボーナスが2年連続減で平均78万円とのことです。私の会社はボーナスがないので特に影響はないですが、ボーナスを頼りにしている方は厳しいのではないでしょうか。

 

情報元はこちら。

冬ボーナスは前年比0.54%減の78万円 新型コロナ影響で2年連続マイナス - ライブドアニュース

 

厚生労働省は12日、主要民間企業の2021年冬の一時金(ボーナス)妥結額が、平均で前年比0.54%減の78万2198円だったと発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2年連続のマイナス。ただ、下げ幅は前年(9.46%減)に比べ縮小した。

 全21業種中8業種が前年を下回った。対象企業数が最も多い自動車は5.74%減となり、下げ幅が最大だった。世界的な半導体不足などによる減産が響いた。一方、13業種は増加に転じた。自動車に次いで対象企業数が多い卸・小売りは2.98%増となった。

 集計対象は資本金10億円以上、従業員1000人以上の労働組合のある企業のうち、妥結額などを把握できた355社。 

 

ボーナスがある会社はおそらく月収も少ないところもあると思いますので、物価上昇も合わせて生活が苦しいですね。

 

また、以前も紹介しましたが、3/22出荷分から大王製紙ティッシュやトイレットペーパーなど15%以上値上げ 今のうちに爆買いしたほうがいいですね~。

 

というニュースがYahooニュースで報道されていました。

大王製紙がティッシュやトイレットペーパーなど15%以上値上げ…3月22日出荷分から(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース

 

大王製紙は11日、ティッシュペーパーなど家庭紙の全製品を、3月22日出荷分から15%以上、値上げすると発表した。原料の輸入パルプや物流費などが高騰しているためで、家庭紙の値上げは2019年6月以来となるそうです。

 

対象は「エリエール」ブランドのティッシュペーパーやトイレットペーパー、台所用のキッチンタオルなど。店頭価格が引き上げられるのは、4月頃になる見通しだ。

 同社は「自助努力だけではコスト増を吸収できず、CO2削減などの環境対策を進めるのにも多大なコストがかかる」と説明している。

 

トイレットペーパーやティッシュペーパーは重くてかさばるので、いつもネットで買うようにしています。

 

スーパーで購入するのは持ち帰るのが大変なのでネットの購入が個人的にはおすすめです。

 

ちなみに、LOHACOで買っているのがこちらです。

 

ティッシュペーパー 150組(5箱入) 1セット(12パック) ネピアティシュ 王子ネピア

f:id:merrywhite:20220111211218p:plain

 

3,168 円 (税込)

1つあたり264円(税込)

 

さらに、クーポンご利用で3,105円で購入可能ということで、3月末までにストックを買う予定です。

 

ただ、ストックしてもしばらくすると値上げしたものになるので、ちょっとした節約ですね。

 

私はちょうどPayPayカードをゲットしたので、PayPay支払いでポイントがっつり稼ぐ予定です。

 

LOHACOの利用はこちらから

⇒【LOHACO】by Yahoo!×ASKUL 

 

また、LOHACOをいつもよりお得に利用する方法があります。それは、いつもオススメしている”ハピタス”を利用する方法です。


ハピタスを経由して、いつもどおり購入するだけで、購入金額の「2%」のポイントがもらえちゃいます。


これからの時代、こういった便利なサイトを利用する事で、少しでもお得にショッピングできるようになりますので、是非、有効活用してみてください^^

 

 

ハピタス未登録の方はこちらから↓
※登録・利用は完全無料!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス