ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Windows Defenderは他のウイルス対策ソフトと複数同時に稼働すると問題

f:id:merrywhite:20200823190229j:plain

 

びっくりしたのですが、Windows Defenderは他のウイルス対策ソフトと複数同時に使っても大丈夫なソフトと紹介しているサイトがありました。これ、説明が間違っていますので注意が必要ですが、Windows10の場合は、サードパーティー製のウイルス対策ソフトをインストールすると、使用されなくなるので問題が発生しないのです。

 

基本は、ウイルス対策ソフトを複数インストールして利用するのはNGです。

 

エンジニアの方で、複数入れたらダメなんですかという発言をする人がいてびっくりしますが、NGです。

 

マイクロソフトのコミュニティでもこんな質問があります。

2 つのウイルス対策ソフトをインストールした場合について - マイクロソフト コミュニティ

 

質問内容の抜粋です。

 

現在、「ESET Smart Security 6」というソフトを使用しています。ちょっと、トラブルがありまして、セキュリティのページを調べていたところ、「Microsoft Security Essentials」を使用したほうがいいとなっていました為に、慌ててインストールしてしまったのですが、この2つは一緒にPCに入っていてもいいものなのでしょうか? 競合とかPCへの負荷などについて教えて頂けますと助かります。

そして、「Microsoft Security Essentials」ともに、ファイアオールを有効化にしてください、となっていましたが、「ESET Smart Security 6」が入っていても有効化にした方がいいのでしょうか? 

どの状態にするのが一番安全なのか教えて頂けますと幸いです。

 

 

以下は回答内容です。

 

・複数のSecurity対策SoftをInstallした場合には、競合問題が起きる可能性があります。

どのSecurity対策Softメーカーも 複数のSecurity対策Softの使用は推奨していません。

無論Microsoft社もです。

また、複数のSecurity対策SoftをInstallした場合、PCへの負荷は大きくなります。

 

他にも複数稼働させて使っていた人はパソコンの動作が重くなったという事象もありました。

 

ちなみに家庭で使う場合は気にする必要がありませんが、サーバの場合は、サードパーティー製のウイルス対策ソフトをインストールしても両方稼働してしまうので、対処が必要です。

 

ロジクール ワイヤレスマウス 無線 マウス M185SG 小型 電池寿命最大12ケ月 M185 スイフトグレー 国内正規品 3年間無償保証