ITよろづや

ITの参考になる情報を備忘録代わりに残していきます

Ubuntu16でIPアドレス変更後に変わらない、secondaryとして表示される

Ubuntu16でIPアドレス変更後に変わらないという事象が起こりました。そして、secondaryとして表示されるという経験したことがない事象も。設定変更後にPingによる疎通確認をして応答がなかったので気づきました。


ネットワークの設定としては、いつも通り「/etc/network/interfaces」でIPアドレスを変更後、保存して終了。catコマンドでファイルが変更されていることを確認。


変更後、ifdown eth0 、ifup eth0を実行し、一時的に変更されているように見えたのですが、元の情報が戻っているのかおかしな状態になっていました。


そして、ifdown、ifupがダメなのかと思って、「systemctl restart networking」を実行しましたが、設定ファイルが読み込まれずに、ifconfig、ip aで表示されるのは、変更前のIPアドレス


仕方がないので、サーバーを再起動したら、正しくIPアドレスが変更されていました。これってバグ???


そういえば、以前もCentOS7でホスト名が正しく読み込まれないという事象がありましたが、IPアドレスが変更できないのはトラブルになりかねないですね。ちなみに、ネットで調べたところ、以下のコマンドが有効のようです。再起動できない場合は試してみてもいいかも。私はサーバー再起動してしまったので、このコマンドの有用性は確認できていませんが、参考程度に。

 

> ip addr flush dev eth*
> systemctl restart networking

 

サービスを再起動で復旧せずサーバー再起動で復旧しましたが、、、運用中のサーバで発生したら現状復旧の為に再起動必須ですね。裏セグメントで発生した場合は、停止調整して実施という感じでしょうけれど、オンラインでなおせないのは辛いです。